ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2008年4月3日付け

 国会の下院ビル二棟で一日、ガス漏れが起きて職員らが避難。予定されていた委員会作業もキャンセルされた。当日朝持ち込まれた化学分析用の機器から漏れたものと見られているが、ガスの種類は確認されていない。カルドーゾ氏絡みの機密漏洩で揺れている国会だが、強い硫黄臭のするガス漏れの被害者三人は、吐き気、めまい、かゆみを訴え、治療を受けた。
     ◎
 アマゾナス州マナウス西部で一日、七・八トンものわにの肉が押収された。環境保護区のわにのもので、三メートルもある肉片も含まれ、七百四十頭相当のわにが違法に捕らえられ、処理されたことになるという。肉はパラー州で売買される予定だったとのことで、四つの業者にかけられる罰金は二十万四千レアル。違法伐採の木材の監査をしていて発見されたもので、二百四十本の丸太も同時に押収された。
     ◎
 カサビ聖市長も招かれた二日夜のカクテル・パーティーで紹介された本の題は「わが街サンパウロ」。三百七十人の聖市民が寄せた随想など、聖市のかつての姿を彷彿とさせてくれる文がまとめられたもので、一九五〇年代など、今とはまるで異なる様相の聖市の姿が蘇ってくる。寄稿者の年代はまちまちで、本の著者になることなど考えたこともなかった人たちも含まれている。非売品だが、二週間もすればwww.saopaulo-minhacidade.com.br.で閲覧できるという。
     ◎
 三十一日夜、警備員の交代時間を狙い、制服を着用した約三十人の強盗が聖州ABC地区の倉庫に侵入。職員百人を人質にし、トラック五台分の品物を盗んだが、職員の一人が警察に通報。三人が捕まり、三台のトラックと資材が回収された。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2007年10月20日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  援協はこのほど、重度の鼠径(そけい)ヘルニアを患っていた聖州スザノ市在住の日本人男性(93)を日伯友好病院で受け入れ、無料で手術した。手術は見事成功し、男性は無事退院した。 […]
  • 武田五男氏2007年10月20日 武田五男氏 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  (株)トレードブラスの創業者、武田五男氏が十九日午前七時半ごろ、脳溢血のため入院先のサンタクルス病院で死去した。享年七十九歳。 […]
  • 大耳小耳2007年10月20日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け […]
  • 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯2007年10月20日 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  宮城県仙台市に本社のある河北新報社の加賀山仁記者(34)が十八日来伯、サンパウロを中心にベレン、トメアスーなどを取材、約一カ月滞在する。 […]
  • 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中2007年10月20日 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  自然と文化の情報誌『Bunba』三十号がこのほど発売された。 […]