ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2008年4月5日付け

 今年は「日仏交流百五十年」の年であることから、両国の観光関係機関が広島・厳島神社にある大鳥居とフランス西部の修道院モン・サン・ミシェルを広告デザインに選んだ。潮の干潮により、海上に浮かび上がる姿で有名な両国の世界遺産が対面するポスター・チラシ二万枚が配布される。それなら、「日伯交流年」のデザイン、同じく世界遺産のイグアスーの滝に中に立つ大鳥居でも良かった!?
     ◎
 (財)日本海事広報協会が出版している隔月誌「海と船の雑誌・ラメール」が三/四月号で、第一回ブラジル日本移民船「笠戸丸」の出帆百年を特集した。神戸の旧移住センター、メリケンパークの移民乗船記念碑などを紹介。第一回移民の人間模様や、太平洋戦争で撃沈されるまでの笠戸丸の歴史、ロシア沖への最後の航海について文章が寄せられているほか、移住船の系譜、最後の移民船「ぶらじる丸」の川島裕船長へのインタビューなどを掲載している。全八十ページのうち約三十ページを割く気合の入れようだ。
     ◎
 イタリア人と仏陀、とはちょっと不思議な組み合わせ。パラナ州都クリチーバではこの五~六日に仏陀の生誕をいわう花祭りを、イタリア人集住地区として有名なサンタフェリシダーデで行う。「小イタリア」とも呼ばれる観光地で、巨大なイタリア料理店が軒を連ねている。いわく「民族が協力している様を表現する」のがコンセプトとか。この組み合わせが、いかにもブラジルらしい?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2007年10月20日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  援協はこのほど、重度の鼠径(そけい)ヘルニアを患っていた聖州スザノ市在住の日本人男性(93)を日伯友好病院で受け入れ、無料で手術した。手術は見事成功し、男性は無事退院した。 […]
  • 武田五男氏2007年10月20日 武田五男氏 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  (株)トレードブラスの創業者、武田五男氏が十九日午前七時半ごろ、脳溢血のため入院先のサンタクルス病院で死去した。享年七十九歳。 […]
  • 大耳小耳2007年10月20日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け […]
  • 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯2007年10月20日 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  宮城県仙台市に本社のある河北新報社の加賀山仁記者(34)が十八日来伯、サンパウロを中心にベレン、トメアスーなどを取材、約一カ月滞在する。 […]
  • 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中2007年10月20日 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  自然と文化の情報誌『Bunba』三十号がこのほど発売された。 […]