ホーム | 日系社会ニュース | 福田康雄氏=初七日法要

福田康雄氏=初七日法要

ニッケイ新聞 2008年4月10日付け

 今月五日に七十四歳で亡くなった福田康雄氏(ブラジル熊本県文化交流協会会長)の初七日法要が十一日午後三時から、ビラ・マリアーナ区の同会館(Rua Guimaraes Passos,142、電話11・5084・1338)で行なわれる。法要は仏式。
 同会では「お葬式に参列できなかった方も多いと思います。ぜひご出席ください」と呼びかけている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム 樹海2007年10月20日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け […]
  • 大耳小耳2007年10月20日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け […]
  • コラム オーリャ!2007年10月20日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  援協はこのほど、重度の鼠径(そけい)ヘルニアを患っていた聖州スザノ市在住の日本人男性(93)を日伯友好病院で受け入れ、無料で手術した。手術は見事成功し、男性は無事退院した。 […]
  • 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中2007年10月20日 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  自然と文化の情報誌『Bunba』三十号がこのほど発売された。 […]
  • 武田五男氏2007年10月20日 武田五男氏 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  (株)トレードブラスの創業者、武田五男氏が十九日午前七時半ごろ、脳溢血のため入院先のサンタクルス病院で死去した。享年七十九歳。 […]