ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2008年4月18日付け

 ブラジリア総合大学の臨時総長には六十七歳で労働党とつながりのある法律学者のロベルト・アギアル氏が任ぜられたが、総長用のアパートに住む気も総長用の公用車を使う気もないという。学生の本部棟占拠はまだ解除されていないようだが、サンパウロ州のサンパウロ連邦大学(Unifesp)の総長も、ディズニーランドへの旅行など、公私混同も甚だしいコーポレートカード利用で槍玉に。Unifespの学生たちも総長退陣を求めて様々な抗議行動を起しているが、十七日現在本部棟占拠には至っていない。
     ◎
 昨日の本紙で報じたリオ市のヴィラ・クルゼイロ近隣では、特殊部隊と密売者たちとの抗争で、デング熱患者に対応するためのテントにも弾が飛び込み、大騒ぎ。作戦ではバリケードに使われたバスの撤去なども行われたが、婦人一人が負傷した。テントで治療を受けていた人たちの中からも気分が悪くなった人が三人出たという。
     ◎
 何かと事件の多いリオ市だが、リオ州では、私立警官や警備員など、安全対策のために雇われている人は二百万人ともいわれ、六年間に商店やサービス業者、観光業者らが支払った給料も二百八十七億レアルと。ただし、平均的な月給は七百レアル。命の危険に曝される可能性を考えると、満足の行く額か否か。
     ◎
 先月十八日に、三歳の男の子が坂道に停車していた車のハンド・ブレーキをはずしたために起きた事故で左足を膝から切断された四歳のガブリエラちゃんがやっと退院し、両親と生活できるようになった。事故の当事者は誰もガブリエラちゃんを救助しようとしなかったという悲しい事件に一筋の光。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 特別寄稿=新型コロナ騒動とアマゾン移民史=往時のマラリア禍の心情を今に懐う=パラー州ベレン市在住 堤剛太2020年5月13日 特別寄稿=新型コロナ騒動とアマゾン移民史=往時のマラリア禍の心情を今に懐う=パラー州ベレン市在住 堤剛太  現在、パラー州では外出自粛処置が取られすでに3カか月目に入っている。私の住むベレン市では、病院施設がすでにパンク状態と発表され、4月下旬からはマスク無しでの外出は禁止になりまた。4月27日からは罰金を伴う営業活動の停止処置も取られ、5月7日からはベレン市を含めた10市 […]
  • 野口英世の足跡を追う=1923年にブラジルで黄熱病研究=サンパウロ市ヴィラカロン在住 毛利律子2017年1月27日 野口英世の足跡を追う=1923年にブラジルで黄熱病研究=サンパウロ市ヴィラカロン在住 毛利律子  2017年、年明け早々、ニッケイ新聞1月14日、続いて17日号において、現在ミナス・ジェライス州で拡大している黄熱病の報道が掲載された。  その後、連日この話題が続いている。同紙には「黄熱病は7年ぐらいの周期で繰り返され、最後の流行が2008―2009年であった」と […]
  • ニッケイ歌壇(501)=上妻博彦 選2015年11月27日 ニッケイ歌壇(501)=上妻博彦 選 サンパウロ  武田 知子 プリンスの赤い絨毯踏みしめ来、行啓ほぎて握手交はせり すがすがしき微笑受けつつ握手せる紀子様の手の温みじんわり 広島の神楽公演紅葉狩『八岐のおろち』の神話思(も)い出づ 相席の同輩なれど二世とて説明せるをうなづきて見る 混み会うを見越し早めの […]
  • 逆転突破を信じ満員の観客が後押ししたアトレチコ・ミネイロのホーム、インデペンデンシア(Bruno Cantini/Atlético Mineiro)2015年4月25日 南米制覇へ16強出揃う=過酷な大会これからが本番  サッカーのクラブチーム南米一を決めるリベルタドーレス杯の一次リーグが終了し、16強が出揃った。 ブラジル勢の中で、最終戦の前に16強入りを決めていたのはコリンチャンスのみ。残る4チームはグループ2位以内を確保するために、「勝利が必要」「引き分け以上が必要」「2点差以上の勝 […]
  • イベント情報2014年4月26日 イベント情報 ニッケイ新聞 2014年4月26日 【サッカー】 全国選手権第1節 4/26(土) ・パルメイラス対フルミネンセ(会場:パカエンブー・スタジアム) ・コリチーバ対サントス(会場:コウト・ペレイラ・スタジアム) 4/27(日) ・クルゼイロ対サンパウロ(会場:パルケ・ド・サビア) […]