ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2010年12月24日付け

 〃皇帝〃アドリアノがヴィラ・クルゼイロに帰ってきた―。22日にリオ市北部ペーニャ地区のファヴェーラに現れたアドリアノを見て、来年は国内でプレーするのかと考えるのはちと早い。Vクルゼイロは生家のある古巣で、今回はいわゆる帰省だ。様変わりしたファヴェーラで皆に囲まれた皇帝は、同地区での社会活動計画も温めているが、選手としての生活は当面ローマでと発言している。麻薬密売者達が一掃され、市や州の職員が就職口や職業訓練のための講座の案内などに奔走する様子に、同地区住民もW杯やオリンピックの恩恵に与れればとの思いを口にしたという。
     ◎
 11月14日に青少年5人組が同性愛者と思しき青年達を襲った事件が起きたサンパウロ市パウリスタ地区で、22日未明に、女性が女性に暴行という事件が起きた。夜中の1時ごろ、アウグスタ街で出会った女性の友人にキスし通りがかりの女性8人組に揶揄された女性が、無視したままランショネッテに残っていたところ、しばらくしてから戻ってきたグループにからまれたもの。「何が問題なの」と聞いた途端、羽交い絞めにされ、顔を殴るなどの暴行を受けたという。11月の事件以降、同種の事件は既に4件目だが、警察によれば女性が女性を襲うという事件は稀。パウリスタ地区は同性愛者が集まる店も多く、同性愛者を見かける事が多い場所だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ