ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2008年4月19日付け

 先月十八日から始まった税関職員のストは一カ月を超え、山と積まれたコンテナという風景が聖市内でも見られる。マナウスなどでの工場の操業中止や、車産業での部品不足などのほか、カラのコンテナが足りなくて、という問題も出てきている。減産、減益、契約不履行による罰金など、被害総額は一億二千~五千万レアルという。
     ◎
 昨日の本紙でインフルエンザの流行に触れたが、聖州サントスの青年が先月十七日に、微熱、のどの痛みにセキ、耳の痛みといった症状を訴え、診察を受けたが、その後、両親に感染。母親が先月二十九日に死亡し、父親も一週間後に死亡したほか、兄弟にも感染した。事態を重く見たサントスの衛生局は、原因となったウイルスの鑑定を聖市の機関に依頼するとともに、患者と接触のあった二十一人を隔離した。最初に罹患した青年がサントス港で働いていることから、国外から持ち込まれたウイルスの可能性も疑われている。
     ◎
 本日から聖市の電話番号の一部が変更となる。最初の四桁が6130~6133が2030~2033、6137が2037、6151~6155が2051~2055、6170~6175が2070~2075、6177~6179が2077~2079、6205が2205、6286が2286、6297が2297、6541~6547が2541~2547、6549が2549、6956が2956に変更される。また、二十一日からの変更分は最初の四桁が6801~6809だけで2801~2809に変更される。二十六日からの変更分は、6091~6093が2791~2793、6098が2798、6103が2143、6108~6109が2718~2719、6621~6625が2621~2625、6683が2683、6685~6686が2685~2686、6701~6707が2701~2707、6781~6785が2781~2785に変更される。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2007年10月20日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  援協はこのほど、重度の鼠径(そけい)ヘルニアを患っていた聖州スザノ市在住の日本人男性(93)を日伯友好病院で受け入れ、無料で手術した。手術は見事成功し、男性は無事退院した。 […]
  • 武田五男氏2007年10月20日 武田五男氏 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  (株)トレードブラスの創業者、武田五男氏が十九日午前七時半ごろ、脳溢血のため入院先のサンタクルス病院で死去した。享年七十九歳。 […]
  • 大耳小耳2007年10月20日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け […]
  • 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯2007年10月20日 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  宮城県仙台市に本社のある河北新報社の加賀山仁記者(34)が十八日来伯、サンパウロを中心にベレン、トメアスーなどを取材、約一カ月滞在する。 […]
  • 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中2007年10月20日 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  自然と文化の情報誌『Bunba』三十号がこのほど発売された。 […]