ホーム | 日系社会ニュース | ロ市で「浪曲祭り」=詩吟・歌謡も、75種目賑わう

ロ市で「浪曲祭り」=詩吟・歌謡も、75種目賑わう

ニッケイ新聞 2008年4月24日付け

 【ロンドリーナ】ロンドリーナ浪曲会、民謡声峰会主催による第三十九回浪曲祭りが、去る二月二十四日、西本願寺会館で行われた。口演者は、プ・プルデンテの小野隅若さんを含めて地元ロンドリーナ、イビポランから七人が参加。民謡はプ・プルデンテからのベテランがここ十年余り欠かさず出演して盛り上げてくれている。今回も地元を合わせて三十人の出演があった。
 詩吟、歌謡教室からの応援もあり、七十五のプログラムは予定通り終えた。九十九歳の福田チヨさんをはじめ、二百五十人のファンが詰め掛け、盛んに拍手を送っていた。カフェの接待のほか帰宅後のジャンタールに、と弁当も配られ、ファンたちに感謝された。
 浪曲の出演者と外題(げだい)は、小野隅若「涙の法廷」、中山豊華「森の石松」、河野節子「番場の忠太郎」、木村照子「おしん」、福田菊若丸「天野屋利衛」、高橋秋水「紺野高尾」、中川芳月「黒田武士と名槍日本号」。(中川芳則通信員)

image_print

こちらの記事もどうぞ