ホーム | 日系社会ニュース | 聖州公務員協会が式典=100周年を記念=日系人を顕彰

聖州公務員協会が式典=100周年を記念=日系人を顕彰

ニッケイ新聞 2008年4月26日付け

 二十二万人以上の公務員で形成されている聖州公務員教育文化協会(AFPESP)は、七日、同協会の本部で式典を開催し、ブラジル日本移民百周年記念イベントの発表会を行った。
 「ブラジル二〇〇八―ブラジル日本移民百周年」プロジェクトでは、AFPESPの代表として監査役のエリザベス・マスノ氏を調整役に抜擢し、開催する計画をしている。
 同プロジェクトは、折り紙講座、日本酒講座、茶道のワークショップ、ビデオの試聴会、伝統的な踊りの紹介などを行う。
 また、同プロジェクトに含まれている展示は、今月二十八日まで同本部内で一般向けに行われている。情緒豊かな日本の歴史を見ることができる。
 開会式では、会場に企業家や知識人たちが数多く訪れ、太鼓グループの「レイコ」を堪能した。太鼓の発表に続いて、来賓のあいさつ、日伯両国民が同化する過程で、同協会設立に寄与した会員の表彰が行われた。
 元USP副学長のセイジ・ヒラノ氏、弁護士のシセロ・ハラダ氏、マサオ・シモサカ氏、ジェラルド・トミタ氏、控訴院判事のロッケ・コマツ氏、警察代表のチョウジ・ミヤケ氏、その他、ブラジル文化福祉協会や在サンパウロ日本国総領事館など、約四十人に対して証書が贈られた。
 開会式には西林万寿夫総領事、飯星ワルテル連邦下院議員、高山ヒデカズ連邦下院議員、上原幸啓文協会長、安部順二モジ市市長、神谷牛太郎聖市議会議員らが出席していた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2007年10月20日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  援協はこのほど、重度の鼠径(そけい)ヘルニアを患っていた聖州スザノ市在住の日本人男性(93)を日伯友好病院で受け入れ、無料で手術した。手術は見事成功し、男性は無事退院した。 […]
  • 武田五男氏2007年10月20日 武田五男氏 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  (株)トレードブラスの創業者、武田五男氏が十九日午前七時半ごろ、脳溢血のため入院先のサンタクルス病院で死去した。享年七十九歳。 […]
  • 大耳小耳2007年10月20日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け […]
  • 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯2007年10月20日 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  宮城県仙台市に本社のある河北新報社の加賀山仁記者(34)が十八日来伯、サンパウロを中心にベレン、トメアスーなどを取材、約一カ月滞在する。 […]
  • 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中2007年10月20日 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  自然と文化の情報誌『Bunba』三十号がこのほど発売された。 […]