ホーム | 日系社会ニュース | 安倍首相=中南米訪問で1日に伯国へ=トップ外交でビジネス支援=油田開発や新薬検査支援か=2日は聖市、文協歓迎会も
日トリニダード会談後の夕食会で談笑する安倍首相とパサードビセッサー首相(右)=27日、ポートオブスペイン(共同)
日トリニダード会談後の夕食会で談笑する安倍首相とパサードビセッサー首相(右)=27日、ポートオブスペイン(共同)

安倍首相=中南米訪問で1日に伯国へ=トップ外交でビジネス支援=油田開発や新薬検査支援か=2日は聖市、文協歓迎会も

 安倍首相が今週金曜日、1日に中南米訪問の最終地ブラジルに到着する予定だ。今月25日から5カ国を訪問し、各国首脳らと会談を行なってきた。当地でもジウマ大統領との会談が組まれ、2日には聖市文協での歓迎会などに出席する予定だ。リオ五輪の次大会が東京という二国友好の絶好のタイミングであり、現役首相としては小泉純一郎氏以来10年ぶり、祖父岸信介が日本の首相として南米初外交を繰り広げた縁の地とあって、旺盛に日系人との懇談を予定するほか、経済、医療、スポーツ、和食など各分野での関係強化が期待されている。

 年頭の首相施政方針演説でも「地球儀を俯瞰する視点で、戦略的なトップ外交を展開」と強調した同首相だけに、地球の反対側は外せない重要な地域だ。
 25日に日本を発った後メキシコで首脳会談を行い、トリニダード・トバゴへは両国の外交関係樹立50周年を機に、初の首相訪問を実現させた。コロンビアでも関税撤廃など取引円滑化に向けたEPA(経済連携協定)の交渉加速について、サントス大統領と一致するなどの成果を挙げている。
 当国へは1日に首都ブラジリア入りし、ジウマ大統領との首脳会談、日伯財界の要人による意見交換会が予定される。
 首脳会談後には共同記者会見・文書発表式が行なわれ、海底油田開発を後押しするための巨大洋上基地建設に関する取り組みや、国際協力機構(JICA)による技術指導などの人材育成事業拡大に向けた共同声明があると思われる(22日付詳報)。その他、日系議員や現地の日系諸団体、日本と縁のあるサッカー関係者を招いた交流会も予定される。
 聖市では2日にイビラプエラ公園を訪れ、恒例の開拓先没者慰霊碑の参拝や日本館視察を行う。文協大講堂での歓迎会、移民史料館視察、日系議員・日系諸団体との懇談も予定される。
 JETRO(日本貿易振興機構)が行なうビジネスセミナー、医療シンポジウムにも出席する。医療分野では新薬検査の迅速化を図り、日本企業への受注加速を実現させたい意向(24日付詳報)だという。
 リオから引き継ぐ形の東京五輪を盛り上げるための支援や、ユネスコ無形文化財として登録された和食普及など、多義にわたるトップ外交が展開されそうだ。

昭恵夫人は独自日程で

 同行する昭恵夫人もまた積極的に各地へ赴く。聖市内では2日、当地で活躍する日系人女性との会食やカルモ公園のさくら祭りに参加し、日系福祉施設を訪問。日語教育関係機関との懇談会も予定する。
 これまでの諸外国歴訪では、首相夫人の初訪問が実現したアフリカの地で、長靴姿で農作業を手伝い、スラム街にも足を運んだ。形式にこだわらない独自の親睦路線を歩んでおり、今回の中南米訪問に関しても、交流サイト「フェイスブック」を通じ、日本語学習者との懇談や、教材寄付の様子を発信している。個性ある夫人の独自外交にも注目が集まる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 新年占う編集部座談会1=ざっくばらんに語ろう!《コロニア編》=秋篠宮ご夫妻来伯の内幕?!=移民110年に向けて準備始めよう2016年1月1日 新年占う編集部座談会1=ざっくばらんに語ろう!《コロニア編》=秋篠宮ご夫妻来伯の内幕?!=移民110年に向けて準備始めよう  深沢正雪(編集長)=それでは、久々に「ざっくばらんに行こう」座談会を始めましょうか。まずは秋篠宮殿下と紀子さまのご来伯記念について、記者それぞれが取材した場所での印象を語ってもらいましょうか。久保将視(記者)=最初のイビラプエラ公園の慰霊碑では、凄く神妙な顔をされてましたね。 […]
  • イビラプエラ公園内の慰霊碑を訪ねた安倍夫妻2014年12月27日 コロニア10大ニュース  やはりなんといっても10年ぶりの首相来伯だろう。これを機会に様々な分野で交流が加速化しそうだ。来年の120周年、ジャパンハウスの着工、翌年のリオ五輪と続く今後のビッグイベントに伴う両国の関係強化を十分に期待させるニュースだった。そしてW杯。日本代表はリーグ戦敗退と残念な結 […]
  • 来伯した一団(前列左端が柴田さん、26日聖市内の飲食店で)2014年7月1日 「日本サッカー抜本的改革を!」=札幌大柴田名誉教授が提言=リオ五輪での雪辱を願う=「窮地に強い底力が必要」  サロンフットボールを日本に導入したことなどで知られる札幌大学名誉教授の柴田勗さん(つとむ、81、北海道)がW杯観戦のため、北海道サッカー協会員や指導者など13人を伴い、27回目の来伯をした。6月27日まで約2週間の滞在で日本戦全3試合を現地観戦した同氏は、C組最下位で終え […]
  • JICA、警察関係者、交番の職員の皆さん2014年6月14日 JICA主導、交番プロジェクト=全州設置目指し第三期へ  当地の治安向上を目指し、2005年より始まった日本の交番制度導入による「地域警察活動普及プロジェクト」が、新たな段階を迎えた。これまで同制度を導入したのは12州。今後全27州への導入を目指す連邦政府の要請を受け、JICAが年度内をめどに第三期プロジェクト(3年間)を始める […]
  • 東西南北2016年6月17日 東西南北  「リオ五輪の前にジウマ大統領の罷免問題決着を」と願っていたテメル暫定政権だったが、弾劾裁判実施か否かを決める上院本会議は8月初旬となった上、トランスペトロ元総裁のマシャド氏のデラソン(報奨付供述)が浮上した。デラソンそのものは、連邦検察庁も「既に極めて多数の証言が集まり、事件 […]