ホーム | 日系社会ニュース | 原子力、宇宙開発も視野に=日本に期待寄せる伯国政府=ロウゼフ官房長官

原子力、宇宙開発も視野に=日本に期待寄せる伯国政府=ロウゼフ官房長官

ニッケイ新聞 2008年4月26日付け

 ルーラ政権のナンバー2ともいわれるジウマ・ロウゼフ官房長官が、伯国政府を代表して二十四日に東京で行われた百周年記念式典に出席した。その時の挨拶で、「今後は、鉄道、宇宙開発、原子力における技術移転のような新しい分野でも両国の関係を発展させる必要があります」と表明し、日本に協力を期待する将来像を明らかにした。
 FHC前大統領に関する機密文書問題で揺れる時期だけに、伯国メディアは積極的に報道し、中でも総工費約九十億ドルの高速鉄道構想(聖市・リオ間)に関して、日本側が高い興味を表明したことに焦点が当てられた。
 EFE通信によれば、百周年式典と同じ二十四日に三菱、三井、東芝、川崎の四社グループとの会合が持たれ、強い関心が表明されたと同官房長官が明らかにしている。
 この件に関し、JBIC(国際協力銀行)からの融資の可能性についても説明されたという。同官房長官は二十五日に東京―京都間(五百十四キロ)の新幹線を実際に体験し、古都を視察した。
 オ・ポーボ紙によれば、同官房長官は東京入りする前に韓国のソウルに立ち寄り、やはり高速鉄道に関する話合いを行っている。
 グローボニュースは同官房長官が二十四日に明らかにした内容として、原子力発電に関しても日立、三菱などと対話を持ったことを報じた。二十六日に帰伯の途に付く予定。
 年頭からほぼ毎月、伯国要人が訪日しており、ルーラ大統領が招待されている七月の洞爺湖サミットに向け、着々と経済交流の気運が高まっているようだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2007年10月20日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  援協はこのほど、重度の鼠径(そけい)ヘルニアを患っていた聖州スザノ市在住の日本人男性(93)を日伯友好病院で受け入れ、無料で手術した。手術は見事成功し、男性は無事退院した。 […]
  • 武田五男氏2007年10月20日 武田五男氏 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  (株)トレードブラスの創業者、武田五男氏が十九日午前七時半ごろ、脳溢血のため入院先のサンタクルス病院で死去した。享年七十九歳。 […]
  • 大耳小耳2007年10月20日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け […]
  • 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯2007年10月20日 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  宮城県仙台市に本社のある河北新報社の加賀山仁記者(34)が十八日来伯、サンパウロを中心にベレン、トメアスーなどを取材、約一カ月滞在する。 […]
  • 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中2007年10月20日 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  自然と文化の情報誌『Bunba』三十号がこのほど発売された。 […]