ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2008年4月29日付け

 二十三日夜、リオ市内で、TVグローボ局の番組担当者を装った二組の夫婦が生後二十九日の赤ちゃんを連れ出すという事件があったが、二十五日に、匿名の通報を受けた警察が赤ちゃんを保護するとともに、夫婦一組を含む犯人三人を逮捕。二日ぶりに我が子と対面した親もさることながら、担当した警察署の警部が感動の余り、「警察官として四二年働いてきたが、これでもう退職してもいい」といったとか。
     ◎
 空気が乾燥する時期に入った。呼吸器系疾患や、目のかゆみ、皮膚の乾燥など、これから数カ月間は注意が必要になる。大気中の湿度も三〇%台にまで下がっており、セキや鼻水などの症状で小児科に運び込まれる子供の数も五〇%ほど増えている。聖市での三月の車の販売は昨年の月平均を大幅に上回ったというが、渋滞に大気汚染で泣きたい所に、大気の乾燥。運動する時などは、気温とともに湿度にも気をつけて。
     ◎
 二十六日から二十七日にかけてもたれた聖市のヴィラーダ・クルトゥラウには、四〇〇万人を超える人が集まったという。ラップ・ダンスのコーナーには四歳の男の子が参加してその踊りっぷりで衆目を集めたとも。歌、踊り、空中アクロバットなど、大人も子供も楽しんだ様子。
     ◎
 先週の聖州沖地震では、原子力発電所の安全や津波の発生も心配されたが、何事もなく済んだ。一方、世界的な食糧危機は国連によれば、静かな津波。伯国は価格統制のために米の輸出制限をするというが、世界の食糧庫の名が泣くとの声も。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2007年10月20日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  援協はこのほど、重度の鼠径(そけい)ヘルニアを患っていた聖州スザノ市在住の日本人男性(93)を日伯友好病院で受け入れ、無料で手術した。手術は見事成功し、男性は無事退院した。 […]
  • 武田五男氏2007年10月20日 武田五男氏 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  (株)トレードブラスの創業者、武田五男氏が十九日午前七時半ごろ、脳溢血のため入院先のサンタクルス病院で死去した。享年七十九歳。 […]
  • 大耳小耳2007年10月20日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け […]
  • 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯2007年10月20日 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  宮城県仙台市に本社のある河北新報社の加賀山仁記者(34)が十八日来伯、サンパウロを中心にベレン、トメアスーなどを取材、約一カ月滞在する。 […]
  • 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中2007年10月20日 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  自然と文化の情報誌『Bunba』三十号がこのほど発売された。 […]