fbpx
ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 19日、フランスの大手紙「ル・モンド」がボルソナロ政権のコロナウイルス対策を痛烈に皮肉り、話題を呼んだ。表紙には、ブラジルでのコロナ犠牲者の埋葬風景の写真を使い、シェイクスピアの「ハムレット」での有名な一説「デンマーク王国では何やら腐敗したことが起こっている」の国名部分をブラジルにして見出しにした上で、ボルソナロ大統領がデモを煽り、アラウージョ外相がコロナの中国陰謀説を語り、タイシ前保健相が4週間で退任した事実を報道。その間に感染者や死者が急増したことにも言及している。欧州のコロナ禍が峠を超えた今、感染爆発中のブラジルに世界の目が向けられることは、避けられそうにない。
     ◎
 サンパウロ州選出の民主社会党(PSDB)下院議員、ルイス・ラウロ・フィーリョ氏が18日、心不全のため、41歳の若さで亡くなった。同日未明に発作を起こし、カンピーナス市の病院で手術を受けたが、その後2度、心停止が起きて死亡した。同氏は、ルイス・フラヴィオ・ゴメス下議が急死した後、今年4月に補欠から繰り上がって下議になっていた。同氏の父ルイス・ラウロ氏は元サンパウロ州議、叔父のジョナス・ドニゼッテ氏は現カンピーナス市長という政治一家の出身だった。
     ◎
 今日からサンパウロ市は大型連休に入る。「他の祭日を繰り上げ」という形での連休は、世界的にも、歴史的にも珍しいのでは? 週の半ばから大型連休を始めることを、週初めに決めて実行するというのは、いかにも唐突・・・。市民としては「もう少し、前もって決めてほしかった」という気持ちもあるが、隔離率で良い結果が出ることは、期待したいところ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月16日 東西南北  サンパウロ市の市長候補で、現時点の世論調査で支持率トップのセルソ・ルソマノ氏が、13日に開かれたサンパウロ州商業協会の会合で、「クラコランジア(麻薬常習者の密集地区)の路上生活者は入浴しないからコロナに対する抵抗力がより強い」と発言し、物議を醸した。入浴とコロナへの抵抗力との […]
  • 東西南北2020年10月14日 東西南北  12日の「子供の日」直前の10日、新型コロナの感染拡大で3月21日から営業を停止していたサンパウロ大都市圏の伝統的な遊園地シダーデ・ダス・クリアンサスが営業を再開した。サンパウロ大都市圏と他の5地区は外出規制が第5段階中の4番目の「緑」になり、文化施設などの営業再開が可能とな […]
  • 特別寄稿=激戦となったサンパウロ市議会選挙=55議席に候補者2千人=サンパウロ市在住  駒形 秀雄2020年10月14日 特別寄稿=激戦となったサンパウロ市議会選挙=55議席に候補者2千人=サンパウロ市在住  駒形 秀雄  11月15日投開票でブラジル各市町村の首長と議会(議員)の選挙が行われます。  4年に1度の今回の選挙は、新型コロナウィルスのパンデミック下での選挙なので、集会などの選挙運動は行われず、従来と相当異なった選挙結果が出ると思われます。  私共に身近なサンパウロ市議会 […]
  • サンパウロ市市長選=今後の鍵握る選挙放送開始=持ち時間豊富なコーヴァス=ルッソマノは逃げ切り狙い=ネットで巻き返すかボウロス2020年10月10日 サンパウロ市市長選=今後の鍵握る選挙放送開始=持ち時間豊富なコーヴァス=ルッソマノは逃げ切り狙い=ネットで巻き返すかボウロス  9日、全国で市長選の選挙放送が始まった。投票日の3日前まで毎日テレビとラジオで放送される、投票者への影響力が強い放送の開始で、選挙戦がどう変わっていくかが注目されている。9日付現地紙が報じている。  選挙放送は、9日から11月12日まで続けられる。放送が行われるのは […]
  • 《サンパウロ市市長選》テレビ討論会相次ぎ中止に=ルッソマノ候補に有利な展開に2020年10月8日 《サンパウロ市市長選》テレビ討論会相次ぎ中止に=ルッソマノ候補に有利な展開に  サンパウロ市市長選に伴う恒例のテレビ候補者討論会が続々にキャンセルされており、支持率1位のセルソ・ルッソマノ候補(共和者・RP)以外の候補者を苛立たせていると、7日付現地紙が報じている。  討論会のキャンセルは、9月28日にSBT局がコロナ禍を理由にキャンセルと発表 […]