ホーム | 日系社会ニュース | JATAK聖支所閉鎖=グアタパラへ本部移転

JATAK聖支所閉鎖=グアタパラへ本部移転

ニッケイ新聞 2008年5月1日付け

 JATAK(全国拓殖農業共同組合連合会)サンパウロ支所の馬場光男支所長が退職するにあたり、同支所の閉鎖が決まった。
 同支所では研修制度の申し込み、日本との連絡、ブラジルの各農家との連絡などを行っていた。
 今月から業務上の手続等は、全て本部のJATAK農業技術普及交流センター(グアタパラ)に移されている。既に四月から手続等は、グアタパラに移っている。同市所には九月まで関係者が滞在するが、それ以降は関係者が必要な時に使用する形になる。

image_print

こちらの記事もどうぞ