ホーム | 日系社会ニュース | ブラジル移民 百年の歩み=苦労や功績を伝える写真展 =広島

ブラジル移民 百年の歩み=苦労や功績を伝える写真展 =広島

ニッケイ新聞 2008年5月1日付け

 【中国新聞】「ブラジル日本移民百周年記念写真展」が四月二十五日、広島市中区の旧日本銀行広島支店で始まった。日伯交流年広島県実行委員会、中国新聞社、国際協力機構、ブラジル日本移民百周年記念協会の主催。五月六日まで。無料。
 サンパウロ市のブラジル移民史料館が所蔵する写真五十二点は、コーヒー園での労働やアマゾンの開墾地でのコショウ栽培の様子など、移民の労苦と功績を伝えている。中国新聞社の記者が、現地と広島で、広島にゆかりがある日系人たちを取材した報道写真三十四点も紹介している。
 広島市が現地で集めた農耕具や旅券、神楽の衣装などの生活資料約九十点も展示。両国の一世紀にわたる移住史をたどれる。
 開幕セレモニーには、両親が一九〇八年の第一回移民で、ブラジル生まれのきょうだい下田明雄さん(89)=広島市安佐南区=と西村弘子さん(83)=中区=が出席。下田さんは「親の苦労を思うと、涙なしには見られない。移民があってこそ、今の日本の発展がある」と話していた。
 2008ひろしまフラワーフェスティバル(FF)がある五月三―五日には、会場ロビーで県内在住のブラジル人らがサンバの踊りやボサノバ演奏を披露する。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ニッケイ俳壇(910)=星野瞳 選2016年10月14日 ニッケイ俳壇(910)=星野瞳 選 アリアンサ         新津 稚鴎 淋しさの寒月光に身を委ね 麻州野の大夕焼の森閑と 鳳梨売る砦の如く積み上げて 霧の中飛び来るは皆トッカーノ グァタパラ         田中 独行 巻き風の吹き上げておりパイナ飛ぶ […]
  • 『マンジョカ』はキャッサバのこと。芋はタピオカの原料。2015年6月17日 ニッケイ俳壇(842)=星野瞳 選    アリアンサ         新津 稚鴎 大王椰子銀河を浴びて身じろかず俳恩をかしこみ虚子を祀るなり移住地は山鳩鳴いて虚子祀る柵を出て仔を産む豚や竹の春麻州野の牛追ふ馬も皆肥えて    北海道・旭川市       両瀬 辰江 母と摘みし蓬の香り幼き日戦無き北の […]
  • 連載小説=移り住みし者たち=麻野 涼=第20回2013年2月23日 連載小説=移り住みし者たち=麻野 涼=第20回 ニッケイ新聞 2013年2月23日 「コダマ、ノン・テン・トロッコ(お釣りがないよ)」 「ノン・プレシーザ(必要ない)」辞書を引きながら児玉が答えた。 […]
  • 【特集 佐賀県人会創立55周年】佐賀県人会=旅順丸から 早や一世紀=県人会創立55周年も=母県と更なる交流誓う2010年8月12日 【特集 佐賀県人会創立55周年】佐賀県人会=旅順丸から 早や一世紀=県人会創立55周年も=母県と更なる交流誓う ニッケイ新聞 2010年8月12日付け  900人以上の日本移民を乗せた第2回ブラジル移民船「旅順丸」がサントス港に到着して、今年で百周年を迎えた。最初の県人移住者が同船で渡伯した佐賀県文化交流協会(吉村幸之会長)では、1日、会創立55周年とあわせ県人移住百周年記念式典を […]
  • 評価シンポ=百周年を振り返る=なぜあれほど報道されたか?=ブラジルマスコミが見る日系社会2010年1月1日 評価シンポ=百周年を振り返る=なぜあれほど報道されたか?=ブラジルマスコミが見る日系社会 ニッケイ新聞 2010年1月1日付け  なぜ08年のブラジル日本移民百周年ではブラジルマスコミから、誰もが予想しなかったほど大々的に扱われたのか。その疑問に答えるべく、百周年協会(上原幸啓理事長)と日伯社会文化統合機関(中矢レナット理事長)の共催により百周年評価シンポが、 […]