ホーム | 日系社会ニュース | 宮城県人会=笠戸丸移民の足跡たどる旅=県連後援で6月に実施

宮城県人会=笠戸丸移民の足跡たどる旅=県連後援で6月に実施

ニッケイ新聞 2008年5月7日付け

 百周年を記念した「笠戸丸移民配耕地巡りの旅」が、六月六日から八日まで実施される。同旅行実行委員会(責任団体・宮城県人会)が主催、ブラジル日本都道府県人会連合会が後援。今月末まで参加を受け付けている。
 同旅行は、笠戸丸移民が配耕された六耕地のうち、モジアナ地方のズモン、サンマルチンニョ、グアタパラ、カナーン四カ所を訪れるもの。同地方には沖縄、鹿児島、宮城など九県の移民が入っている。
 六日朝にサンパウロを出発。リベイロン・プレットで観光、市役所訪問などを行なった後、慰霊法要と親睦交流夕食会。二日目はズモン市、サンマルチンニョのアルコール工場訪問と、グアタパラで慰霊碑参拝と交流昼食会。最終日はヴァスヌンガ州立公園、東山農場などを訪問し帰聖する。
 宮城の中沢宏一会長と、園田昭憲県連副会長が案内のため来社した。
 旅行代金は一人六百レアル。申し込みはサービス・グローバル(11・3572・8990)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 静岡県人会60周年盛大に祝う=知事、県議会議長らと共に=県費留学制度の重要性を共有2017年9月2日 静岡県人会60周年盛大に祝う=知事、県議会議長らと共に=県費留学制度の重要性を共有  ブラジル静岡県人会(原永門会長)創立60周年式典が8月27日午前11時、同会館で開催された。母県からは川勝平太県知事、杉山盛雄県議会議長らが出席。集まった250人を超える県人会関係者と共に節目を祝った。来賓らは祝辞のなかで先人たちの功績に触れ、その苦労を偲んだ。式典後 […]
  • 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ2016年6月23日 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ 移民の日に思うことブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫 ブラジルの日本移民は今年108年、戦後の移住が再開されて63年になり、戦前、戦後を通じてブラジルに移住した日本人の数は25万人余、そして現在では190万人余といわれる日系人の中に占める日本人の数は3%を下回るとい […]
  • 呉屋会長2015年7月7日 ごあいさつ 移民の日にあたって=ブラジル日本文化福祉協会会長 呉屋 春美  1908年に日本移民がブラジルに移りきて、今年で107周年を迎えます。今日の日系社会が存在するのは私共の先輩方のご苦労の賜物であります。開拓先亡者の御霊に対して心より哀悼と感謝の意を表する次第であ […]
  • 本橋 幹久2015年1月8日 新年のごあいさつ 2 県連あいさつ文=日伯120年の絆=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 本橋 幹久  新しい年2015年を迎えるに当たり、新年のお慶びと共にご挨拶を申し上げます。 本年は「日本ブラジル外交関係樹立120周年」の節目の年に当たります。1895年に締結された「日伯修 […]
  • 2011年12月9日 第10回=特異なブラジル県人会=戦後移民の多さが特徴 ニッケイ新聞 2011年12月9日付け  ブラジル日本都道府県人会連合会には、おそらく世界で唯一、47県全てが揃っている。米国にも多くの県人会があるが、地域ごとに活動しており、全国規模でまとまった連合会活動をする組織はないようだ。 […]