ホーム | 日系社会ニュース | イタチーバで18日から日本祭

イタチーバで18日から日本祭

ニッケイ新聞 2008年5月13日付け

 サンパウロ州イタチーバ市で十六日から十八日まで、百周年を記念した日本文化イベント「O Circuito Japao Expo Fest(巡回日本エキスポ)」が開催される。同地文協主催、市、州文化局、百周年記念協会などが後援。
 会場は同市内のジュベントゥーデ公園(Parque da Juventude)。日本食スタンドが出店し、舞台では太鼓やYOSAKOI、盆踊り、武道演舞のほか、平田ジョー、伊藤カレンさんのショーなどのプログラムを予定。ミスニッケイコンテスト(十六日夜)や、ブラジル・ヨーヨー協会創設者のラファエル・マツナガさんによるデモンストレーションなども行なわれる。
 十六日は午後六時開場、七時半から開会式。十七、十八日は午前十時から開場する。入場料は初日が無料、十七、十八日は三レアル。
 イタチーバの後、同イベントはイタペチニンガ(六月十一~十三日)、ソロカバ(九月十九~二十一日)、ビリグイ(十月二十四~二十六日)で順次開催される予定。

image_print

こちらの記事もどうぞ