ホーム | 特集 | ブラジル日本移民百周年 | 皇太子さまご来伯記念写真グラフ5(リオ・ミナス編)

皇太子さまご来伯記念写真グラフ5(リオ・ミナス編)

リオ、ミナスでも歓迎の嵐

6月24日、あいにくの曇り空で霧が立ち込めていたが、満面の笑みを浮かべられ、ポン・デ・アスーカルからの絶景を自慢のカメラで記念撮影。記者団からの要望にも気さくに応えられ、ポーズを取られた


6月23日、ペトロブラス音楽交響楽団の演奏会では、「皇太子殿下歓迎」の幕も。カブラル州知事とカマロッチにお姿をお見せになったあと、音楽の調べで旅の疲れを癒された。MPB歌手、ジョイスの歌声がお気に入りになられたご様子


ご接見では一人一人としっかり握手、激励のお言葉をおかけになった。緊張気味の出席者に福川正浩総領事が出した助け船で会話が盛り上がり、笑い声が起きる場面もちらほら


植物園ではカートで園内を散策された後、日本公園で白イペーを植樹。案内を務めた鹿田明義・リオ百年実行委員長は、「花がつく3年後にまたお出でください」とまたのご来伯を期待


日伯友好を願う浜松祭りの凧がコパカバーナ海岸で揚げられカリオカたちを楽しませた。皇太子さまはホテルからご覧になったあと、凧揚げ会場前をお車で通過、ブラジルの空に舞う凧を楽しまれた


6月23日、儀仗兵の後ろで、歓迎するサンゴタルドのみなさん


ミナス州知事公邸「リベルダーデ宮」にご到着され、儀仗兵から最敬礼で迎えられた皇太子さま


リベルダーデ宮で地元経済界要人と懇談をされる皇太子さま


リオ、ミナスでも歓迎の嵐

ベロ・オリゾンテの誇る動植物園の入り口付近に開園したばかりの日本庭園をご視察に

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 県連故郷巡り(北東伯編)=歴史の玉手箱=第2回=『8人の侍』謎の一人後日談2016年4月5日 県連故郷巡り(北東伯編)=歴史の玉手箱=第2回=『8人の侍』謎の一人後日談  11日午前中に一行は、フォルタレーザ市内の高級別荘地が立ち並ぶメイレーレス海岸にある「藤田十作日本庭園」を観光した。鳥居やスズラン灯、滝のある日本庭園も造られ、一等地にある立派な公園だ。プレートを見ると、観光省から予算をもらって、移民百周年を記念して建設したものだ。 当時の記 […]
  • 2008年12月30日 ニッケイ新聞編集部が選んだ コロニア10大ニュース ニッケイ新聞 2008年12月30日付け  百周年に明け、百周年に暮れた2008年。日本移民百周年と日伯交流年の今年は、1年を通じて両国で約1500の記念行事が実施されるなど、他の周年事業とは比べ物にならない盛り上がりを見せた。1月の開幕行事から、2月のカーニバルでは各地 […]
  • 2010年1月30日 日伯論談=テーマ「日伯経済交流」=川上オズワルド=在日ブラジル商業会議所会頭=伯日は世紀のパートナー 2010年1月30日付け  一昨年、我々はブラジル日本移民百周年記念を祝ったが、両国の通商交流はパリで「日伯修好通商航海条約」が調印された1895年に遡る。それ以降、500社以上の日本企業が伯国に進出、先進技術や新たな工業化概念を持ち込み、伯国に大きな工業をもたらした。 […]
  • 2008年7月5日 皇太子さまご来伯記念写真グラフ1(聖市編1) 盛大に聖市百周年式典を挙行 お言葉をのべられる皇太子さま(左から島内憲駐伯大使、麻生太郎日伯国会議員連盟会長、カサビ市長) 6月21日、サンボードロモ会場最上部からの眺め。約3万人の大観衆が埋め尽くすなか、「友情の灯」をもった各人種を代表するランナーたちが入場 客 […]
  • 2008年7月5日 皇太子さまご来伯記念写真グラフ2(聖市編2) 感激のあまり、お手を額に 6月20日午前、文協大サロンで。優しいいたわりのお言葉に感激のあまり、差し伸べられた皇太子さまの手を嗚咽をもらしながら額につける老移民(撮影:望月二郎) 出迎えた人たちときさくに握手を交わされる皇太子さまの姿に、「26年前の爽やかさと全くお変わ […]