ホーム | 特集 | ブラジル日本移民百周年 | 皇太子さまご来伯記念写真グラフ2(サンパウロ市編2)

皇太子さまご来伯記念写真グラフ2(サンパウロ市編2)

感激のあまり、お手を額に

6月20日午前、文協大サロンで。優しいいたわりのお言葉に感激のあまり、差し伸べられた皇太子さまの手を嗚咽をもらしながら額につける老移民
(撮影:望月二郎)


出迎えた人たちときさくに握手を交わされる皇太子さまの姿に、「26年前の爽やかさと全くお変わりがない」との声も聞かれた


文協大サロンでは高齢者が日の丸を手に到着を待った。皇太子さまが入場されたときには車椅子から立ち上がる白寿者も


 

無縁仏に深々と礼をされる

6月19日午後、イビラプエラ公園内にあるブラジル日本移民開拓先没者慰霊碑の前に立ち、志半ばに逝った移民たちの苦労を偲ばれ、深々と頭を下げる皇太子さま


慰霊碑と日本館の間にある芝生で、子供たちも可愛らしく日伯両国旗の小旗を振った


 

人、人、人のガルボン街

ガルボン・ブエノ街ではブラジル日系老人クラブ連合会やACALなど、いろいろな団体が横断幕を掲げ、心からの歓迎の気持ちを表現した


6月20日午前、「皇太子さまを一目見たい」という多くの人でガルボン・ブエノ街の沿道は埋め尽くされた


6月20日午後、サンパウロ市カルモ公園で百周年記念モニュメント除幕式にご出席された皇太子さま(右端が制作者の絹谷幸太さん)


ジョゼ・セーラサンパウロ州知事主催のバンデイランテス宮での歓迎晩餐会。カマルゴ・グアルニエリ四重奏楽団に、飛び入りで参加された皇太子さま(州政府広報=fotos:Ciete Silverio)


サンパウロ大学の学生らと親しくご懇談される姿は、将来の明るい日伯関係を予感させた。あいさつは流暢なポルトガル語で行なわれ、学生らの度肝を抜く場面も


サンパウロ市東部の「広島中学校」でサンパウロ州日本文化教育プロジェクト「ビバ・ジャポン」をご視察。「折り紙は好きですか」との皇太子さまのご質問に「シン!」と元気よく答える子供たち

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • パラナ日伯連合会=「もう一度、大祭典を開く」=110周年実行委員会が発足=総会で西森祭典委員長選出2017年2月3日 パラナ日伯連合会=「もう一度、大祭典を開く」=110周年実行委員会が発足=総会で西森祭典委員長選出  移民110周年をいよいよ来年に控える中、パラナ日伯文化連合会(折笠力己知会長)は先月29日、ロンドリーナ市の同会講堂で定期総会を開催し、新体制を発足させた。5年間会長職を務めた折笠氏は勇退し、マウア・ダ・セーラ文協で日語書記(元会長)を務める上口寛氏(66、鹿児島県)を新 […]
  • ざっくばらんに行こう!=日系社会面編集部座談会=さあ、どうなる?!=1年半後に迫った移民110周年2017年1月1日 ざっくばらんに行こう!=日系社会面編集部座談会=さあ、どうなる?!=1年半後に迫った移民110周年 【深沢】さて、今回のテーマは移民110周年。2018年6月18日まで、いよいよ一年半後に近づいてきました。でも、肝心の「110周年実行委員会」がまだできてないんだよね。 […]
  • 大耳小耳2010年1月6日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2010年1月6日付け  母県でブラジルをアピールした埼玉県人会。母県からブラジルへ芸能などが来る例はあるが、逆は珍しいのでは。準備の段階でも色々と工夫。県人会の紹介パンフは中国で印刷し輸送費を削減、イッペーの苗木は鹿児島県指宿市で育てられていたのを譲り受け […]
  • 2008年12月10日 「皇室は日系人の心の拠り所」=天皇陛下75歳お誕生日=日系団体代表ら弥栄祈る=ご回復祈願して「サウーデ!」 ニッケイ新聞 2008年12月10日付け  「日系社会の行く末をいつも心配してくださっている皇室が、いつまでも栄えますように」。日系御三家主催の天皇誕生日祝賀会が九日午前、文協貴賓室で今年も行われ、若き日の天皇皇后両陛下のお姿が描かれた肖像画の前で、日系団体代表者ら約七十 […]
  • 今週末の催し2008年9月19日 今週末の催し ニッケイ新聞 2008年9月19日付け 土曜日  シンポジウム「日本移民百周年―多様化する日系コミュニティのアイデンティティ」、二十日午前九時、国際交流基金サンパウロ日本文化センター(Av.Paulista,37,1andar)     □ […]