ホーム | 日系社会ニュース | 県連=いい着眼=各国コロニアとの連携図る=100周年式典で来伯した代表を歓迎、懇談会=麻生知事会会長も出席

県連=いい着眼=各国コロニアとの連携図る=100周年式典で来伯した代表を歓迎、懇談会=麻生知事会会長も出席

ニッケイ新聞 2008年7月15日付け

 去る六月のサンパウロ日本移民百周年式典では、日本各県からの慶祝団のほか、南米各国の日系社会からも多数の訪問団がブラジルを訪れた。ブラジル日本都道府県人会連合会(与儀昭雄会長)の国際交流委員会(矢野敬崇委員長)ではこの機会にあたり、二十日夜、沖縄県人会館で夕食歓迎会を開催。各国代表との交流を深めた。
 当日は各県人会代表のほか、パラグアイ、アルゼンチン、ペルー、ボリビア、北米ニューヨークなどから来伯中の日系団体関係者が出席。ブラジル訪問中の麻生渡福岡県知事(全国知事会会長)ほか、海外日系人協会やブラジル日本語センターの関係者も訪れた。
 麻生知事は冒頭、六月十八日にブラジリアで開かれた百周年式典を振り返り、「百周年を契機にブラジル、各地がますます発展していくことを願います」と述べた。
 与儀会長は、多忙な中での出席に謝意を表すとともに、「十八日から新しい百年がスタートした。これから続けていく責任は二世、三、四世にある」と話し、今後各国との交流事業を進めていく考えを語った。
 矢野委員長「百年が経ち、これから日本の精神文化を広めていく上で、日系人の使命は大きいと思う」と力を込め、関係者へ支援を呼びかけた。
 白澤寿一・全パラグアイ都道府県人会連合会長の発声で乾杯後は、白澤会長や小田俊春・全パラグアイ日本人会連合会長、佐々木アレハンドロ在亜日系団体連合会長、常重セサル・ペルー日系人協会長、春日カルロス・汎米日系人協会名誉会長(メキシコ)、根間玄真ボリビア日系協会連合会長、竹田勝男ニューヨーク北海道ゆかりの会代表幹事など、各国からの出席者が自己紹介。国際色豊かな集まりを印象付けた。
 当日は井上祐見さんも会場を訪れ、「ソウ・ジャポネーザ」や新曲「オブリガーダ笠戸丸」などを熱唱した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日系代表団体の年頭あいさつ2008年1月1日 日系代表団体の年頭あいさつ ニッケイ新聞 2008年1月1日付け 日本祭りで交流をブラジル日本都道府県人会連合会会長 松尾治  謹んで新年のお慶び申し上げます。 旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 海外最大の日系人集団地であるブラジルの皆さんに、ニッケイ新聞を通じ年頭のご […]
  • 第62回パウリスタ・スポーツ賞=特別賞8人含め25氏に栄冠=110周年記念して将棋にも=サンパウロ市議会で4日に授賞式2018年4月5日 第62回パウリスタ・スポーツ賞=特別賞8人含め25氏に栄冠=110周年記念して将棋にも=サンパウロ市議会で4日に授賞式  伝統あるニッケイ新聞主催の『第62回パウリスタ・スポーツ賞』授賞式が来月4日夜、サンパウロ市議会の貴賓室で行われ、25人に栄えある記念プレートが授与される。戦後の日系スポーツ振興を目的に創設され、今年で62回目を迎えた。今回は日本移民110周年を記念して特別賞に将棋部門を設け […]
  • 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ2016年6月23日 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ 移民の日に思うことブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫 ブラジルの日本移民は今年108年、戦後の移住が再開されて63年になり、戦前、戦後を通じてブラジルに移住した日本人の数は25万人余、そして現在では190万人余といわれる日系人の中に占める日本人の数は3%を下回るとい […]
  • 2014年8月18日 【安倍首相来伯特集】あいさつ 経済交流深化の気運を期待=ブラジル日本商工会議所 会頭 藤井 晋介 安倍首相来伯記念特別号の発行にあたり、ご挨拶申し上げます。 この度、10年ぶりに実現した首相来伯は、短いながらも内容は大変充実したものでした。首相は、8月1日に行われたブラジル経済界との意見交換会において、 […]
  • 2011年11月11日 県連移民のふるさと巡り=ガウチョの国に友訪ねて=亜国、ウルグアイ編=(7)=南米から日本祭り参加?=新ビジネスに談論風発 ニッケイ新聞 2011年11月11日付け  在亜日系団体連合会による一行の歓迎会で、「ニッケイ新聞の方ですか」と突然声をかけてきたのは、アルゼンチン拓殖協同組合(亜拓)監査役の渡辺謙さん(80、佐賀)だ。 […]