ホーム | 文芸 | 刊行 | 人文研=日系コロニア文芸(下)刊行=27日に記念パーティー

人文研=日系コロニア文芸(下)刊行=27日に記念パーティー

ニッケイ新聞 2008年9月12日付け

 サンパウロ人文科学研究所(本山省三所長、人文研)がブラジル日本移民百周年を記念して随時刊行している百年叢書の第七号として『日系コロニア文芸(下巻)』がこのほど刊行された。人文研で販売されている。四十レアル(人文研会員は三十レアル)。九月下旬からは日系書店でも購入できる。
 清谷益次、栢野桂山両氏による上巻「短歌・俳句編」は、〇六年五月に刊行されており、今回安良田済氏により、「文学編」がまとめられた。  
 笠戸丸移民が到着する一九〇八年から戦前、戦後から七七年、以降〇七年までの三期にわけ、「作品の概説と解説」「文芸評論界の動向」「文学賞の歴史」などを項目別に分け、膨大な資料をもとに構成している。
 過去に行われた座談会や創作・文芸評論年表も取り上げており、資料としての価値も高い。
 刊行記念パーティーは二十七日午後二時から、文協ビル五階にあるエスペランサ婦人会で行われる。参加費無料。
 詳細はサンパウロ人文科学研究所(電話=11・3277・8616)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ