ホーム | 日系社会ニュース | 朝日新聞=石田ラ米特派員が帰国=後任に初の女性、平山さん

朝日新聞=石田ラ米特派員が帰国=後任に初の女性、平山さん

ニッケイ新聞 2008年9月16日付け

 朝日新聞ラテンアメリカ特派員の石田博士さん(38、岡山県)が任期を終えて帰国するにあたり、十二日来社し、「濃密な三年間でした」と記者生活を振り返った。
 「〇五年の赴任時と今を比べるとブラジルの存在感は大きい」と日本側の評価の急激な変化を挙げ、「日系社会の取材を通し、八、九〇年代の『失われた二十年』は日系人が両国間を繋いでくれていたと実感した」と話す。
 「百周年は終わったが、入管法改正から二十年という節目の年である二〇一〇年を新しい両国関係を模索する機会」と捉え、帰国後も在日ブラジル人問題に関わっていく考えだ。
 石田さんは十三日に離伯、東京本社社会部配属となる。
 南米特派員としては初の女性記者となる後任の平山亜理さん(38)は、父親がNHKの特派員だったことから、リオデジャネイロで生まれ、ブラジル籍を持つ。幼少期をエジプトで過ごし、高校時代にエスピリト・サント州、上智大学在学中にフランスにそれぞれ一年間留学した国際派だ。
 九五年に入社、山梨、秋田支局、東京本社社会部を経て、昨年はキューバで語学研修を行っている。
 「高校生の時、移民のおばあちゃんと話し、『この人たちの話を伝えたい』と思ったことから記者を志した」という。
 「一番関心のある移民のことを書きたくてしょうがない」とコロニアにとって頼もしい抱負を語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • CIATEコラボ会議、25、26日=在日ブラジル人の日本社会統合テーマに2018年8月21日 CIATEコラボ会議、25、26日=在日ブラジル人の日本社会統合テーマに  CIATE(国外就労情報援護センター、二宮正人理事長)は、『2018年度CIATEコラボラドーレス会議』を25、26日午前9時から、文協貴賓室(Rua Sao Joaquim, […]
  • 《ブラジル》CIATEコラボ会議=「日系人就労者の軌跡と未来」=日系四世のWH制度も(下)2017年10月17日 《ブラジル》CIATEコラボ会議=「日系人就労者の軌跡と未来」=日系四世のWH制度も(下)  8日の会議では訪日就労者に関する研究を行う専門家なども講演した。今会議のためにブラジルに訪問した尾崎正利労働研究所所長は「日本で事業活動を展開する日系ブラジル人就労者の軌跡」の中間発表を行った。      在日ブラジル人就労者の日本における起 […]
  • 充実の2年終え涙と感謝=JICAボランティア経験糧に帰国2017年3月9日 充実の2年終え涙と感謝=JICAボランティア経験糧に帰国  独立行政法人国際協力機構(JICA)は21日、サンパウロ市ニッケイパレスホテルで「2015年度派遣現職教員ボランティア帰国報告会」を開催し、3月に帰国予定の6人がポルトガル語で発表を行った。  清水丈嘉さん(ブラジリア学園)は「授業内容がほとんど決まっていた日本とは違い […]
  • ブラジルだから人情話!=浪曲師春野さん公演へ意気込み2015年10月9日 ブラジルだから人情話!=浪曲師春野さん公演へ意気込み  【既報関連】今週末に行われる公演のため、浪曲師の春野恵子さんが7日、着聖した。当地の浪曲文化を知り、自らブラジル公演を発案したという春野さんに、公演への意気込みを聞いた。 春野さんは2014年のニューヨーク公演成功を皮切りに、積極的に国外公演を行う。その中で浪曲文化の根付く当 […]