ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2008年11月14日付け

 日本人がほぼいない、アマゾンのど真ん中にある人口五万人弱の小さな町で九月の独立記念日に、日本移民百周年をテーマに学校の生徒たち約一万人がパレードしたと聞き、心底驚いた。五万人といってもその半分は、オランダとほぼ同じ面積の市全体に散らばっており、人口密度は恐ろしく低い▼アマゾナス州都マナウスから南に四百キロ近く、テコテコ(プロペラ機)で一時間、船なら二晩かかるというマニコレ市だ。二階建ての建物は市役所以外ほとんどなし。商店があるのは市役所を中心とした二百メートル前後の地域のみ。道行く人は圧倒的に自転車、もしくは小型バイクにのる。車もあるが実に少ない。泊まったポウサーダでシャワーは水のみ。地元民が「湯など浴びたくない」というほど常時暑い▼町でそんな調子だから、マデイラ川沿いの遠隔地コミュニティは「地の果て」的な状況だ。市とはいえ、最も遠いコミュニティまで船で片道二十八時間かかると聞いた▼そんな町で、なぜ日本移民百周年のパレードが――。まるで民家のような〃空港〃に、たまたま居合わせた教育局長にこのテーマを選んだ理由を問うと、さも当たり前という感じで「テレビでもいっぱいやっていたし」と、日本移民がアマゾン地域で貢献してきたことを賞賛した▼パレードの写真を見せてもらって、さらに驚いた。「折り紙」「武道」「スポーツ」などと日本語で書いたプラカードを持ち、着物や胴着のような衣装をつけた子供たち実に楽しそうにパレードしている▼来年はアマゾン入植八十周年祭だ。そこに至るまでに入植者がなめた辛酸に思いを馳せた。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと2019年2月5日 アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと  昨年末をもってサンパウロ新聞(以下、サ紙)が廃刊した。あちこちから「それについて書かないのか」とせっつかれる。他人ごとではないだけに非常に気が重いテーマだ。まず思い浮かぶのは「お疲れさま。お互いよくここまで持った」という感慨だ。110周年まで日刊2紙が生き残ったこと自 […]
  • どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー2017年12月29日 どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー  新年の目玉は、なんといっても日本移民110周年。1月7日に開会式が行なわれる割に、どんな記念事業が進んでいて、肝心の6月、7月にどんな記念イベントが行なわれるのか、実はよく分かっていない。そこで年末に菊地義治110周年実行委員長に時間を都合してもらい、本紙編集長と11 […]
  • 大耳小耳2017年5月26日 大耳小耳  サンリオ・ド・ブラジル社が26~29日までサンパウロ市のエキスポ・センター・ノルテ(Rua Jose Bernardo Pinto, 333, Vila […]
  • 第20回迎える県連日本祭り=祭典の歴史振り返る=日伯繋ぐ重要な懸け橋に2017年1月1日 第20回迎える県連日本祭り=祭典の歴史振り返る=日伯繋ぐ重要な懸け橋に  2017年7月7~9日、コロニアを代表する祭典『日本祭り』が第20回目の記念すべき節目を迎える。「海外最大の日本祭り」と称される同イベントの歴史を振り返り、また、日本祭りの祖となった「郷土食郷土芸能祭」を始めたブラジル都道府県連合会の網野弥太郎元会長に、当時の様子を尋ねた […]
  • 外国人勲章にM・ソウザ氏=「モニカ」も伝達式に登場2013年12月24日 外国人勲章にM・ソウザ氏=「モニカ」も伝達式に登場 ニッケイ新聞 2013年12月24日 写真=ソウザ氏(中央)とその左が妻の竹田恵子アリッセさん […]