ホーム | 日系社会ニュース | 『移民の森』プロジェクト始動=博研=25日カルモ公園で植樹

『移民の森』プロジェクト始動=博研=25日カルモ公園で植樹

ニッケイ新聞 2009年1月22日付け

 サンパウロ博物研究会(博研=林田瞳会長)は二十五日午前十時から、サンパウロ市立カルモ公園(Av Osvaldo Pucci, Portao 03)で、日本移民百周年記念プロジェクト「移民の森」植樹を行う。
 百周年の昨年に企画、今年実行することになった同プロジェクト。地球温暖化防止策として、マッタ・アトランチカ(大西洋森林)の再生と保全を目指して立ち上げられた。
 当日は約五十種、五千本の植林を行う。博研では、「移民百年をきっかけとし、市民一人ひとりに啓蒙の場を提供することで、二十一世紀の新たな環境創造に導いていきたい」としている。
 アマゾン地方を除き、日本人移民が新天地の夢を託し踏み入った地ということで、日本人との繋がりが深いマッタ・アトランチカ。それに属するカルモ公園は、桜祭りや皇室が植樹したイペー、記念碑があるなど、日系社会と馴染みがあり植樹場所に適しているとして選ばれた。
 案内のために来社した新井桧垣静枝会計と関明子さんは、「一般の人に植樹への理解を深めてもらいたい。気軽に参加して」と呼びかけた。
 植樹後、新年会が行われる。どちらも参加自由。公園内に駐車場あり。問い合わせは、新井さん(11・3208・7953)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと2019年2月5日 アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと  昨年末をもってサンパウロ新聞(以下、サ紙)が廃刊した。あちこちから「それについて書かないのか」とせっつかれる。他人ごとではないだけに非常に気が重いテーマだ。まず思い浮かぶのは「お疲れさま。お互いよくここまで持った」という感慨だ。110周年まで日刊2紙が生き残ったこと自 […]
  • どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー2017年12月29日 どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー  新年の目玉は、なんといっても日本移民110周年。1月7日に開会式が行なわれる割に、どんな記念事業が進んでいて、肝心の6月、7月にどんな記念イベントが行なわれるのか、実はよく分かっていない。そこで年末に菊地義治110周年実行委員長に時間を都合してもらい、本紙編集長と11 […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(34)2013年10月30日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(34) ニッケイ新聞 2013年10月30日 「ええ、それから数年後、あのビラ・アマゾニアの日本人無縁墓地に対岸から供養され、その最中、河に入水して消息を絶たれたのです」 「ええっ、どうしてそんな事に?」 「謎と云うしかありません。遺体も見つからないままです」 […]
  • 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載2012年10月27日 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載 ニッケイ新聞 2012年10月27日付け  来年3月でニッケイ新聞が創刊15周年を迎えるのを記念し、歴代の記者が日夜取材に駆け回り、本紙に掲載した記事の中から、独断と偏見で選んだ15個のトップニュースを、「コロニア15大ニュース」としてお届けする。続々と報じられたこれらニ […]
  • 21世紀の森づくり=全伯植樹キャンペーン2012年6月13日 21世紀の森づくり=全伯植樹キャンペーン ニッケイ新聞 2012年6月13日付け 「日伯・絆の森」作り=協力の輪広がる=東日本大震災=犠牲者追悼と復興を願って  ブラジル・ニッポン移住者協会(小山昭朗会長)がオイスカ・ブラジル総局(高木ラウール会長)と共催し、サンパウロ市の緑化・環境局が全面支援して実施している […]