ホーム | 日系社会ニュース | 琉球大学=留学生受け入れ推進検討=町田教授ら3月に下調査

琉球大学=留学生受け入れ推進検討=町田教授ら3月に下調査

ニッケイ新聞 2009年1月29日付け

 九日に来伯し、調査活動をしていた琉球大学の町田宗博移民研究センター長(55)が十九日に帰国するにあたり、来社した。
 同移民研究センターは昨年八月の沖縄県人移住百年祭の機会に学術セミナーを開催するなど、積極的な活動をしている。「沖縄の方でも百年祭の新聞記事がたくさんでましたから、県民の関心が高まっている。ブラジルで県人があれだけの祭典をやったことは、沖縄県民にとっても感動を呼ぶこと。元気がでますよ」と盛大に行われた祭典を振り返った。
 今回は沖縄県の市町村史編纂に関わる調査活動として、サンパウロ市ビラ・カロン区、カーザ・ベルデや南麻州カンポ・グランデなどの同県系人集住地を回っていた。
 いったん帰国するが三月に再来伯する。今度は、ブラジルから琉球大学への留学生の受け入れ推進をする「秋季入学制度」のための調査となる。
 これは、三月二日から八日まで同大学の法文学部の浜崎盛康教授、町田教授、中村肖三学長補佐の三人が来伯し、サンパウロ大学で「琉球大学セミナー(仮称)」を開始するほか、留学の実態、日本留学希望調査、日本語学習事情、学生事情全般、大学間提携の再検討などを行うもの。
 その他、日系人が通う高校を訪問、沖縄県人会本部や同カンポ・グランデ支部でも同大学セミナーを行う予定になっている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (87) =  山城 勇2017年10月31日 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (87) =  山城 勇  そのため一極集中的に大都市や工業都市に人口集中を余儀なくされ、地方は過疎化し立ち遅れてしまった。  そこでその地域やそれぞれの地方の活性化を図る目的で全国3,300余の市町村に一率一億円を交付した。  そして自から考え自ら行う特殊事業でもって故郷の活性化・創生をはかること […]
  • 第60回パウリスタ・スポーツ賞=16日にサンパウロ市議会で授賞式=特別賞4人含め総勢22人=盛大に多彩な功労者を表彰2016年6月11日 第60回パウリスタ・スポーツ賞=16日にサンパウロ市議会で授賞式=特別賞4人含め総勢22人=盛大に多彩な功労者を表彰  ニッケイ新聞が主催する「第60回パウリスタ・スポーツ賞」が16日にサンパウロ市議会の貴賓室で行われる。コロニアおよびブラジル社会において、現役で活躍の選手や引退後の指導者、審判として、競技の振興や普及に尽力した功労者に対し、「特別賞」4人を含む22人を表彰するもの。今年60年 […]
  • 本橋 幹久2015年1月8日 新年のごあいさつ 2 県連あいさつ文=日伯120年の絆=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 本橋 幹久  新しい年2015年を迎えるに当たり、新年のお慶びと共にご挨拶を申し上げます。 本年は「日本ブラジル外交関係樹立120周年」の節目の年に当たります。1895年に締結された「日伯修 […]
  • 新宿日本語学校の皆さん。左から江副ジョエル・フランス語担当、江副校長、松野良子専務理事、マルチネス・ルイス・ホベルト日本語研究家2014年1月24日 新宿日語学校 江副校長が来伯=学習の新しい形アピール ニッケイ新聞 2014年1月24日 日本国内で数少ない学校法人格を有する日語学校「新宿日本語学校」の江副隆秀校長(63、東京、えぞえ・たかひで)が20日に来伯し、サンパウロ市の日本語センターや南麻州カンポ・グランデ、パラナ州クリチバなどで教師の指導や講演会を行っている。 今 […]
  • 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載2012年10月27日 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載 ニッケイ新聞 2012年10月27日付け  来年3月でニッケイ新聞が創刊15周年を迎えるのを記念し、歴代の記者が日夜取材に駆け回り、本紙に掲載した記事の中から、独断と偏見で選んだ15個のトップニュースを、「コロニア15大ニュース」としてお届けする。続々と報じられたこれらニ […]