ホーム | 日系社会ニュース | ACENBO=赤塚氏が終身名誉会員に=市や文協への貢献により

ACENBO=赤塚氏が終身名誉会員に=市や文協への貢献により

ニッケイ新聞 2009年2月26日付け

 サンパウロ州オザスコ市を表敬訪問中の赤塚充良氏が十三日に、同日伯文化体育協会(荒木進会長、ACENBO)から終身名誉会員の認定表彰を受け、同協会の役員や同市長代理ら大勢から歓迎を受けた。
 同氏は三重県津市在住で、戦後派米実習団として三年間の農業研修を終え、帰国後、つつじ産地育成などに携わった。
 三十三年前、津市とオザスコ市が姉妹提携したことを記念し、市内パルケ・コンチネンタル区に「津」公園を建設。公園の東西につつじで両市の名前を書いた庭園も造成した。
 同年アチバイアで農園を購入し、そこを拠点とした洋蘭の研究・栽培に取り組み、生長点培養の技術により六万本の栽培から開始。
 一九八〇年にはオザスコ市名誉市民権を授与され、三年前の姉妹都市提携三十周年記念の折には、別の市公園の日本庭園造成費を支援している。
 同氏は研究の末、FFC製法(FFCとは赤塚グループが「動植物の機能を高める」と認めたものの総称)を発見し、パイロゲンとして商品化し、健康飲料、美容、水質改善、農業などに活用されている。八三年十一月に第二十二回農林水産祭園芸部門で天皇杯受賞のほか海外でも表彰された。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■樹海拡大版■150年祭への切り札=日語学校は「青い鳥」2011年1月1日 ■樹海拡大版■150年祭への切り札=日語学校は「青い鳥」 特集 2010年新年号 ニッケイ新聞 2011年1月1日付け  「チルチルミチルの青い鳥」の話を挙げるまでもなく、本当に必要なものはすでに手元にあるのかもしれない。 […]
  • 2009年度秋の叙勲発表=ブラジル在住者5人が受章=非日系人はマナウスから一人2009年11月4日 2009年度秋の叙勲発表=ブラジル在住者5人が受章=非日系人はマナウスから一人 ニッケイ新聞 2009年11月4日付け  日本政府は11月3日に2009年(平成21年)秋の叙勲受賞者を発表した。ブラジル在住の邦人4人、ブラジル人1人の計五人。在サンパウロ、クリチバ、レシフェ、マナウス各総領事館の、4管轄内から選ばれた。 […]
  • ■今週末の催し2009年9月4日 ■今週末の催し ニッケイ新聞 2009年9月4日付け 土曜日  大阪・サンパウロ姉妹都市提携四十周年記念成世昌平民謡・歌謡コンサートと紅白歌合戦、五日午後一時、文協大講堂(サンジョアキン街381)。五~七日までリベルダーデ広場で記念フェスティバル、午前十時 […]
  • 《記者コラム》韓国人移民秘話―コチア産組が初入植のお膳立て2021年5月26日 《記者コラム》韓国人移民秘話―コチア産組が初入植のお膳立て  「ブラジルに来た初期の韓国人移民を、実は日本人移民がお膳立てしたという秘話もあるんですよ」と、サンパウロ在住の石井久順(ひさのぶ)さん(82、北海道、1960年渡伯)から一本の電話が入った。ニッケイ新聞で今年1月28日から2月26日にかけて連載された『アジア系コミュニ […]
  • 特別寄稿=どうして止まった フォードブラジル車=地力を生かせば また昇る=サンパウロ市在住  駒形秀雄2021年1月19日 特別寄稿=どうして止まった フォードブラジル車=地力を生かせば また昇る=サンパウロ市在住  駒形秀雄  正月気分も抜けきれない11日、ブラジル社会に衝撃のニュースが流れました。古くからなじんで来たフォード社がブラジルの全工場を閉鎖し、車の生産を止めるというのです。  フォードトラックを持つことは戦前の日系移民の夢でした。戦後はスマートなフィエスタ、エスコートスポーツ等 […]