ホーム | 日系社会ニュース | ブラジルの大地で半世紀=あめりか丸第32回同船者会=コチア花嫁最初の金婚式祝う=日本、ブラジリアからも

ブラジルの大地で半世紀=あめりか丸第32回同船者会=コチア花嫁最初の金婚式祝う=日本、ブラジリアからも

ニッケイ新聞 2009年5月1日付け

 「渡伯五十周年と金婚式おめでとう」――。一九五九年三月二日に神戸港、四日に横浜港を出帆した「あめりか丸」(乗員三百八十四人)の渡伯半世紀を祝い、四月二十五日午前十時から「渡伯五十周年記念祝い並びにコチア青年呼び寄せ第一回花嫁金婚祝記念式典」がサンパウロ市の宮城県人会館で開催された。終始笑顔の〃織姫〃と〃彦星〃たちは一年ぶりの再会を喜び、互いに祝いあった。

 三十二回目というコロニアの中でも最多数を誇るあめりか丸同船者会。発起人代表の坂東博之さんを中心に長年続いてきた。渡伯半世紀となる今年は、遠くは日本やブラジリア、リオなどから関係者約百人が駆けつけ、大部一秋総領事夫妻、副領事も祝福に訪れた。
 式典であいさつに立った坂東さんは「過去の血の滲むような涙、汗、苦労もすでに笑い話に」と波乱万丈の人生を振り返り、「七夕のように兄弟姉妹と年に一度再会でき、あれから五十年たった今、幸せいっぱいで五十周年記念と花嫁さんの金婚式を祝えることは最高の喜び」と述べ、大きな拍手が沸いた。
 大部総領事は、「一人ひとりに金メダル、ノーベル賞を差し上げたいほど」と言葉を贈り、「同船者のみなさまの絆の強さに感銘を受けた」と敬意を表した。
 第一回目のコチア青年呼寄せ花嫁が移住した同船。花嫁を代表してあいさつした芦川道子さん(73、静岡県、カンピーナス在)は、「五十年前の私たちも、初々しい若妻となることを夢に渡伯しました。天皇皇后両陛下の歴史的なご成婚で日本中が大騒ぎの渦中でした」と往時を振り返り、「今日は忘れがたい記念日。夫亡き後も大勢のコチア青年仲間から深い情愛をもって接していただき、深い感謝の念でいっぱい」と述べた。
 文協を代表して出席したコチア青年の高橋一水さんは「ジャポン・ノーボと言われ鞄一つのコチア青年に、花嫁さんは大きな希望を与えてくれた」と当時を懐かしみ、新留静コチア青年連絡協議会会長は「これからも同船者会の記録を伸ばしてほしい」と激励した。
 コチア青年一次一回の黒木慧さん、県連副会長の山田康夫滋賀県人会長が来賓のあいさつ。「五十年をかえりみて」として同船者の山下治さんは、「親の反対押し切って移住したが、海より深く山より高い親心に感謝する今日この頃」と述べた。
 伊勢脇英世さんが、「花嫁の夫としての五十年の言葉」を贈り、安武加寿之さんの閉会の辞で式典が終了。平井良介さんの音頭で乾杯した後、食事を囲んでそれぞれ会話に花を咲かせていた。
   ▽   ▽
 花嫁の一人、木野順子さん(73、山形出身、スザノ在)は夫の栄吉さんと出席した。職場で一緒だった栄吉さんがコチア青年一次三回で渡伯。「プロポーズはやっぱり男からでしょうねぇ」。
 文通を経て順子さんは渡伯。「月月火火水木金って働きましたよ。だけど苦労なんて忘れちゃった」。「やっぱりみんなと会ったらそんなことどうでもいいもの」とはしゃいだ様子を見せ、仲間とのひと時を楽しんでいた。
 「懐かしいね」と話すのは、神奈川県から参加した加藤郁正さん(68)。コチア青年として移住し二十年前に帰国、日本から参加するのは二度目だ。「隣の部落で首吊った人もいたし、いろいろあった。今こうして幸せでいられるのは土台を築いてくれた旧移民者のおかげ」。
 同船には、アクレ州で唯一日本移民が入植したキナリー移住地の第一陣六家族も乗船していた。あめりか丸五十周年はまた、入植五十周年でもある。同船者会にはサンパウロ近郊、各地から集まり、旧知の仲間と話を弾ませていた。
 州都リオ・ブランコ近郊に開かれた同移住地には、計十三家族が入植。野菜、ゴム栽培などに取組んだが、多くは同地を離れ、いまは三家族が残るのみだ。
 ゴイアニアから娘さんらと訪れた原ゆりこさん(徳島)は、キナリー、スザノを経て、現在同地で暮らす。「苦労したけど、今では笑い話ですよ」と笑顔で話すのは、モジに住む娘の恵子さん(62)。
 五月で九十歳になるという原さん。「(移住したのは)日本もたいへんな時。苦労もしたけど、ブラジルはのんびりしているから、どうにかこうにかやってきましたよ」と話し、「半世紀は夢のようですね」と振り返った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 思い出=リベイロン・プレット 大河政義2015年8月4日 思い出=リベイロン・プレット 大河政義  1960年3月13日サントス着の『ブラジル丸』で移住してきた人達が、去る3月13日金曜日にサンパウロの群馬県人会に集い、午前10時から午後3時まで、55年間の歩みを回顧しながら大いに食べ飲みしながら楽しいひと時を過した。今度の集まりにも、コチア青年移民の人達が6名と多く、 […]
  • 当日に投票する会員ら2015年3月31日 文協総会=選挙権持つ評議員決まる=有効票399、大幅減=新役員は4月25日発足  ブラジル日本文化福祉協会(木多喜八郎会長)の第55回定期総会が30日午前、文協ビル2階の貴賓室で行なわれた。立候補82人から正規50、補充25の評議員75人が決定。特に顔ぶれは変わらず、対抗シャッパが出た場合でも、現体制派が支持する呉屋春美氏(現・第一副会長)の新会長就任 […]
  • 説明会を開いた大原委員長2015年2月26日 文協評議員選挙=候補82人顔ぶれ変わらず=新会長は現体制派からか=4月25日に理事会選挙  ブラジル日本文化福祉協会(木多喜八郎会長)の評議員選挙が3月28日の定期総会で行なわれるに当たり、立候補の申し込みが今月13日に締め切られた。82団体・個人の候補者が出揃ったところで、選挙管理委員長の大原毅氏が24日午後、説明会を開いた。理事会役員の決定権を持つ重要な評議 […]
  • 花嫁移民=海を渡った花嫁たちは=滝 友梨香=712014年12月11日 花嫁移民=海を渡った花嫁たちは=滝 友梨香=71  「ラテン系は美しく、惹かれるものはありますが」と言い、「男性が若いうちはいいが、年齢とともに体力、精神力ともに弱さが出てくるし、食事にしても日本食を恋しくなりますから」と語っている。 ことに体調を崩した時など、日本人なら白かゆや、おじやなどが欲しいはずで、それを病人自身が […]
  • コチア青年講演会6日=杉尾、宮尾両氏にオペラも2013年10月29日 コチア青年講演会6日=杉尾、宮尾両氏にオペラも ニッケイ新聞 2013年10月29日  コチア青年連絡協議会(村田重幸会長)が主催する講演会が11月6日午後2時から、サンパウロ市の宮城県人会館サロンで行われる。参加費は無料。コチア青年以外の参加も歓迎している。 […]