ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2009年5月14日付け

 ニッケイ新聞が先月刊行した百周年記念写真集『百年目の肖像』を手に取ってパラパラと頁をめくった人の大半が、オッ!と驚いた感じで目を止めるのが、サンパウロ州サンジョゼ・ドス・カンポス市に建てられた鋼鉄製の大鳥居の夜景写真だ。なんともいえない偉容を感じさせる不思議なデザインだ▼先日、汎パライバ連合会の菅野鉄夫会長にその裏話を聞いた。まず「日系非日系関係なく、とにかく、いろんな人が手弁当で協力してくれた」と感謝する。同地では、百年祭への参加意識を高めるために一人十レアル寄付運動をまずやった。相当の非日系、日本の日本人を含む四千人近くが参加したというので大した動員力だ▼なかでも、普段は飛行機などの設計をしていると思われるCTA(空軍特別航空技術総司令部)の専門技術者が、相当の日数を費やして無償で鳥居の設計したとの話は驚かされた。現代美術のような趣があると思っていたが、むしろ先端技術が集約されたアートだ。菅野会長は「格安で建立できた」というが、それでも六十五万レアルはかかっているというので、半端ではない金額だ▼高さ約十八メートルもあり、柱の部分の中が空洞で上ることができ、上部構造の清掃など簡単にできるようにするなど、デザインだけでなく、機能性も考えたハイテク設計だ。まさに、日本にはない独自な「ブラジル鳥居」と言えそうだ。南米大神宮の逢坂和男宮司も「あの鳥居は立派。日本に誇れるもの」と喜んでいた▼鳥居一つにも色々なドラマが秘められている。まして全伯各地で行われた百周年事業には、どれだけの秘話があったことだろう。 (深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう=郷愁とブラジル日本移民2019年1月8日 ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう=郷愁とブラジル日本移民  「静岡の茶畑そっくりだ」―サンパウロ市から南西に190キロほど下った海岸部レジストロの茶畑に取材に行き、故郷の光景を思い出した。  といっても、緑茶ではなく紅茶だ。聞けば、原料となる茶葉は緑茶も紅茶も一緒だが、加工工程が違うのだという。お茶畑まではそっくりなワケだ。 […]
  • ■今週末の催し2018年8月2日 ■今週末の催し  4日(土曜日)  青葉祭り、午前7時、宮城県人会(Rua Fagundes, 152, Liberdade)      ◎  サンパウロ倫理法人会モーニンセミナー、午前8時半ニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, 425, […]
  • ブラジル日本民謡協会50周年記念公演=豪華な慶祝団14人が来伯=大功労者 佐々木名人位「今回最後かも」2017年7月18日 ブラジル日本民謡協会50周年記念公演=豪華な慶祝団14人が来伯=大功労者 佐々木名人位「今回最後かも」  創立50周年を迎えたブラジル日本民謡協会(塩野彰会長)主催による「慶祝日本民謡親善公式訪問団ブラジル公演」が、16日午前9時からブラジル日本文化福祉協会大講堂(R. Sao Joaquim, […]
  • ニッケイ俳壇(912)=星野瞳 選2016年10月27日 ニッケイ俳壇(912)=星野瞳 選 アリアンサ  新津稚鴎信濃村のポルトガル人煙草干す鳩車に似て葦舟や湖は春アリアンサの鳳梨も供え念腹忌睦みつつ濁流越えて行きし蝶富士の絵の額の後に守宮棲む […]
  • ニッケイ俳壇(911)=富重久子 選2016年10月20日 ニッケイ俳壇(911)=富重久子 選 スザノ           畠山てるえ 薪を焚く観光列車竹の秋 吐く煙後へ後へと花マナカ マリアフマッサ老幼嬉々と山笑ふ 列車行く町に郊外黄イッペー 浮雲の空にひと掃き竹の秋 【「薪を焚く」観光列車があるとは聴いているが、残念ながらまだ乗ったことは無い。昔窓を開ける […]