ホーム | 日系社会ニュース | 6人集い54年ぶりの再会=「ボイスベン号」同船者の集い=「これからも続けよう」

6人集い54年ぶりの再会=「ボイスベン号」同船者の集い=「これからも続けよう」

ニッケイ新聞 2009年5月19日付け

 一九五五年五月十日にサントスに着港したオランダ船ボイスベン号の初めての同船者会が、十日午前十一時半からニッケイ・パラセホテルで開かれた。
 榎原美年夫さん(71、山梨)、信子さん(65、同)夫妻、薬師寺茂雄さん(89、愛媛)、フジ子さん(84、愛媛)夫妻、天達市雄さん(73、鹿児島)、坂和三郎さん(75、東京)の六人が集まり、五十四年ぶりの再会を祝った。
 ボイスベン号の同船者会は坂和さん、天達さんの発案から始まり、今回初めて実現。当日は五十四年前の船内での思い出話で盛り上がり、お互いの近況報告や当時の仲間が今何をやっているかなど話題は尽きなかった。
 ボイスベン号では、サンパウロに約百人、パラグアイに約七十人が移住した。パラグアイに入植した人の中には、厳しい農業条件の中、ブラジルへ移ってきた人もいたという。
 当時日本ではバナナは大変珍しい食べ物で、ブラジルで豊富に食べられることにみな船内で喜んでいたという話も。
 ブラジルで花作りを始め、現在プロポリスの生産を手掛ける薬師寺フジ子さんは、移住後農業に従事してきた月日を振り返り、「ブラジルは良いところ。本当に来てよかった」と話していた。
 この日の同船者会では来年以降も同船者会を開催することが話し合われた。次回はもっと多くの同船者を呼び集めようと、すでに新たな目標に向け活気に溢れていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • そろそろ「日系7団体」にしては?2020年3月10日 そろそろ「日系7団体」にしては?  毎年の新年祝賀会に始まり、昨年4月には「新天皇ご即位・新元号『令和』祝賀晩餐会」、今年2月には天皇陛下の還暦を祝ってサンパウロ市立劇場で盛大に行われた天皇陛下誕生日祝賀会など、日本との繋がり深い大事な行事は「日系5団体」が申し合わせて計画する。  この5団体は、言う […]
  • 第62回パウリスタ・スポーツ賞=特別賞8人含め25氏に栄冠=110周年記念して将棋にも=サンパウロ市議会で4日に授賞式2018年4月5日 第62回パウリスタ・スポーツ賞=特別賞8人含め25氏に栄冠=110周年記念して将棋にも=サンパウロ市議会で4日に授賞式  伝統あるニッケイ新聞主催の『第62回パウリスタ・スポーツ賞』授賞式が来月4日夜、サンパウロ市議会の貴賓室で行われ、25人に栄えある記念プレートが授与される。戦後の日系スポーツ振興を目的に創設され、今年で62回目を迎えた。今回は日本移民110周年を記念して特別賞に将棋部門を設け […]
  • 思い出=リベイロン・プレット 大河政義2015年8月4日 思い出=リベイロン・プレット 大河政義  1960年3月13日サントス着の『ブラジル丸』で移住してきた人達が、去る3月13日金曜日にサンパウロの群馬県人会に集い、午前10時から午後3時まで、55年間の歩みを回顧しながら大いに食べ飲みしながら楽しいひと時を過した。今度の集まりにも、コチア青年移民の人達が6名と多く、 […]
  • 想定外?!イトゥアーノ優勝2014年4月16日 想定外?!イトゥアーノ優勝 ニッケイ新聞 2014年4月16日  Deu Zebra!(予想外の活躍)との見出しがあちこちの新聞に踊った。ソロカバ近郊のイトゥアーノ(IT)がサントスに勝って優勝したサンパウロ州選手権のことだ。サッカー評論家ソルマニはブログに《ジュニーニョ(IT会長)は全伯のクラブ会長の前 […]
  • 《寄稿》 心の琴線に触れる美談=山本勝造氏への報恩で寄付=パラグァイ 坂本邦雄2014年1月11日 《寄稿》 心の琴線に触れる美談=山本勝造氏への報恩で寄付=パラグァイ 坂本邦雄 ニッケイ新聞 2014年1月11日 普段は義理人情に疎い筆者だが、この度、病の床から元戦後ブラジル移民の北島績さん(勿論全然存じ上げぬ)が複数の日系福祉団体へ一千万円をクリスマスのプレゼントとして寄付した奇特な記事を、サンパウロの12月21日付「ニッケイ新聞」で読み、深い […]