ホーム | 日系社会ニュース | 人気のADESC絵画教室=宮城県人会=140人が個性ゆたかに

人気のADESC絵画教室=宮城県人会=140人が個性ゆたかに

ニッケイ新聞 2009年5月20日付け

 ADESC(農協婦人部連合会=内海千代美会長)主催の「こども絵画教室」が十六日、宮城県人会の青葉祭りに合わせて開催され、二歳から十七歳までの子どもたち約百四十人が参加した。子どもたちは絵具、クレヨンを使って一生懸命個性あふれる一枚を描いた。
 午前と午後に分かれて行われ、午前中は講堂に用意した百席が全て埋まる盛況振り。講師は、この道十年の画家五木田綾子さん(33、二世)が務めた。
 五木田さんが少しずつ描く手本を、年齢ごとに分かれて座った子どもたちが真似していくという方法で行われた。「まずは鼻から。ちょっと大きめに書いてね」。次に口もと、指を描きだんだん輪郭ができ、色をのせていった。
 指定されたテーマは年齢によってさまざまで、赤ちゃん、猿、ソルベッチ売りのおじさん、草むらで遊ぶ兄弟、小舟を漕ぐ二人の男性、サンバダンサー。
 クレヨンや絵具、筆、スポンジを使い分け、子どもたちは真剣な様子で個性あふれる作品を描きあげた。
 日本語学校を通じて参加した十歳の三人は「楽しい」と話しながらも、自分の作品に一生懸命。サンパウロ市から参加した鈴木愛理香さん(13、二世)は、「絵を書くのが大好き」と話しながらも、「顔が一番難しい」と悪戦苦闘している様子。
 初めて宮城県人会で絵画教室を開催したADESCの婦人らもスタッフとして活躍した。十七年間、家の光絵画展にブラジルから参加しているが、飯田正子副会長は、「みなさん上手に描きますね」と感心した様子で目を細めていた。
 最後に子どもたちは参加賞をもらい、得意げに自分の絵を見せ合っていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 静岡県人会60周年盛大に祝う=知事、県議会議長らと共に=県費留学制度の重要性を共有2017年9月2日 静岡県人会60周年盛大に祝う=知事、県議会議長らと共に=県費留学制度の重要性を共有  ブラジル静岡県人会(原永門会長)創立60周年式典が8月27日午前11時、同会館で開催された。母県からは川勝平太県知事、杉山盛雄県議会議長らが出席。集まった250人を超える県人会関係者と共に節目を祝った。来賓らは祝辞のなかで先人たちの功績に触れ、その苦労を偲んだ。式典後 […]
  • 技術実習生受入れ枠拡大へ=静岡県人会60周年式典で=先人偲び、川勝知事が言及2017年8月30日 技術実習生受入れ枠拡大へ=静岡県人会60周年式典で=先人偲び、川勝知事が言及  ブラジル静岡県人会(原永門会長)は今年創立60周年を迎え、27日午前11時より同会館で記念式典を開催した。母県からは川勝平太県知事、杉山盛雄県議会議長らが出席し、記念の節目を祝すと共に、技術実習生の受入れ枠を拡大の検討を約束し、今後より一層交流を深めていく姿勢を示した […]
  • 「皆で集まって祝おう!」=8月に静岡県人会60周年式典2017年7月26日 「皆で集まって祝おう!」=8月に静岡県人会60周年式典  ブラジル静岡県人会(原長門会長)が8月27日午前11時から、創立60周年記念式典をサンパウロ市リベルダーデ区の同会館(Rua Vergueiro, 193, […]
  • 新潟県人会創立60周年祝う=慶祝団含め300人で盛大に=泉田知事「東京五輪でぜひ来県を」2016年7月12日 新潟県人会創立60周年祝う=慶祝団含め300人で盛大に=泉田知事「東京五輪でぜひ来県を」  ブラジル新潟県人会(南雲良治会長、会員180家族)が主催する「創立60周年記念式典」が、3日午前10時から宮城県人会館で盛大に行われた。新潟県から駆けつけた泉田裕彦県知事、県議会の早川吉秀議長ら20人の慶祝団を含め、当日の来場者300人とともに盛大に祝った。 式典は午前10時 […]
  • ■今週末の催し2016年1月28日 ■今週末の催し  30日(土曜日) サンバワークショップ、午前10時、エスパッソ・ヴィラ・ブルーツリー(Rua Castro Verde, 266, Jardim Caravelas)     ◎ 熊本産食品健康イベント、午後2時、熊本文化交流協会(Rua Guimaraes Passos, […]