ホーム | 日系社会ニュース | 松柏・大志万=温かい手作りの運動会=千2百人が一日楽しく=親子と教師「家族のように」

松柏・大志万=温かい手作りの運動会=千2百人が一日楽しく=親子と教師「家族のように」

ニッケイ新聞 2009年5月21日付け

 松柏学園(川村真倫子校長)・大志万学院(川村真由実校長)合同の運動会が十六日、沖縄文化センター運動場で開催された。招待状やプログラム作りなど事前の準備から、当日のアナウンス、景品係、接待係など全て子どもたちが中心になって行なった手作りの運動会。一日で計千二百人が参加し、多彩な種目で汗を流した。
 秋風が吹く少し肌寒い日となった運動会当日。会場には万国旗と鯉のぼりがはためき、手作りの案内版などがあちこちに掲げられ、会場の雰囲気を盛り上げていた。競技は午前八時から開始され、全二十八種目が赤組(橙、青チーム)と白組(黄色、緑チーム)とで競われた。
 今年のテーマは「人生の命のかけっこ」。テーマに沿った競技「障害を乗り越える」では、二人一組で馬飛びをした後、背中合わせになって両足を結び、男子生徒がボールを手に持って一緒に走って行き、手を繋いでゴールしていた。
 また、誰でも参加できるリレーではサンパウロ日本人学校の教師四人がチームで参加し、二位でバトンを受けた最終走者が一人を抜き去り、見事一位でゴール。リーダーの澤邉芳幸(46、茨城)さんは「とても気持ちよかったです。当然優勝を狙っていました」と喜んでいた。
 朝から案内や接待に忙しく動き回っていた大沼潤PTA会長(44、二世)は「親と子と先生たちが交ざって、一つの家族のようです。子どもが運営し、みんな役目をもってがんばっています」と話す。当日は朝六時半頃から親と子、教師たちが総出で準備をしたという。
 同校では父兄に対して、「出来るだけ手作りの弁当をもってきて、家族で一緒に食べてください」とお願いしていた。昼食時には校庭の周りで家族一緒に弁当を食べる姿があちこちにみられた。鈴川哲実マルキさん(15、三世)は「お肉と、桃で作ったデザートが美味しかった」と、いつもとは違うおかずに嬉しそうな様子。
 競技には卒業生も訪れて見学。率先して手伝う姿や、校庭の隅で〃ミニ同窓会〃を楽しむ姿も見られた。
 終始、立ち上がって声援を送っていた真倫子校長は、「子どもの姿は感動を呼ぶ。親と先生と社会が応援してくれれば、どこでも教育はできる」と競技を終える毎に笑顔で子どもたちを迎えていた。
 校庭で率先して声をあげていた真由実校長は「じっとしていられない。子どもと一緒にいて騒ぐのが楽しいです」と語った。
 最後の種目であるフォークダンスとマイムマイムでは、生徒や卒業生、父兄も大勢参加して盛り上がりをみせた。
 競技は九百対七百で赤組が優勝。生徒は感動のあまり涙を流しながらトロフィーを手にもち、赤組全員で校庭を一周して喜びを表していた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大統領選の投票日直前に急展開=ボウソナロとハダジで決戦へ=サンパウロ市在住 駒形 秀雄2018年10月9日 大統領選の投票日直前に急展開=ボウソナロとハダジで決戦へ=サンパウロ市在住 駒形 秀雄  春にしては寒い10月7日、ブラジル全土で大きな事故もなく、総選挙が行われました。  注目の大統領選挙では強硬派と言われるボウソナロ(PSL党)が5千万近い票を集めて1位、ハダジ(PT党)が3千万票で2位となり、この二人で10月28日の第2次選挙が争われることになりま […]
  • 皇室の歴史を子孫に伝えよう=『日本文化第5巻』販売開始=国体安定の秘密を紐解く2017年5月16日 皇室の歴史を子孫に伝えよう=『日本文化第5巻』販売開始=国体安定の秘密を紐解く  「皇室について子や孫に口で説明するのは難しい。だが大事なものだけに、しっかりと理解してほしいと常々思っている。良い本はないか」――そんな読者からの声を受け止め、サンパウロ青年図書館とニッケイ新聞は『日本文化(Cultura […]
  • 注・小党については党名、議員数を省略しています2014年7月16日 いよいよ大統領選が本格化=天下分け目の10月決戦へ=舞台裏や裏取引きあれこれ=駒形 秀雄  サッカー世界大会は強豪ドイツの勝利となり、ブラジルの「地元で優勝」の夢は〃コッパ微塵〃に砕かれて、終わりとなりました。一方、この1カ月間、地元の大統領選挙のほうはその布陣展開に大きな進展が見られ、有力候補陣の顔ぶれ、政党間の合従連衡などが確定しました。これで10月に行われ […]
  • カンデラリア聖母教会2014年6月12日 イトゥー市へ来てください=歴史や特色ある工業都市=奥地探検隊が拓いた町  サンパウロ市から北西に約100キロに位置する閑静な町イトゥー。W杯期間中、日本代表チームがキャンプ地として使用する同市は人口約16万人で、日系人も多いほか、日本企業7社が工場を構えるなど日本とのつながりが深い。また、同市と名前の響きが似ており、観光都市という点でも共通点が […]
  • 東西南北2014年4月18日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年4月18日  昨日付本欄で報じた、サンパウロ水道公社がサンパウロ市内の給水水圧を深夜0時から5時間にわたって75%下げているという文書が市庁舎内で出回ったとの説に対し、サンパウロ市区役所統括局長のシコ・マセナ氏(PT)が「水道公社は透明性に欠ける」と批判 […]