ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2009年6月27日付け

 南マット・グロッソ州カンポ・グランデで二十五日朝発生の押し込み強盗は、顔見知りの犯行。呼び鈴で目を覚まし、包丁片手の強盗に「二〇レアル出せ」と脅された被害者が、金はないと答えたところ、犯人は寝室を物色。その隙に警察にと思っていた時戻って来た犯人は、被害者の急所を蹴り上げ、携帯を奪って逃げた。被害者は駆けつけた警官に「詳しい住所は知らないが、あのバイロに住んでる奴だ」と知らせたという。
     ◎
 サッカーのコンフェデレーション・カップ準決勝でブラジルチームは、ブラジル人監督ジョエル・サンタナ氏率いる南アフリカに1対0の辛勝。後半四二分に相手の反則で得たチャンスを交代直後のダニエル・アウヴェスが決めたもの。決勝戦は二十八日に米国と。試合後に地元応援団から熱烈な拍手を受けた南アフリカは、二十八日にスペインとの三位決定戦を行う。
     ◎
 ルーラ大統領が二十五日、大統領選挙に関し、一〇年の選挙でジウマ官房長官が敗れた時は一四年の選挙に自分が立候補と発言すると共に、同長官は一〇年三月に辞任して選挙戦に入ると発言した。二十六日フォーリャ紙サイトが、ジョジアス・デ・ソウザ氏のブログからの引用として掲載。
     ◎
 イザベラちゃん事件やエールフランス機事故の後、インターネットで送られた迷惑メールでのウイルス感染に注意との警告が出たが、今回のマイケル・ジャクソン死亡のニュースも悪用される可能性があるので要注意。
     ◎
 新型インフルエンザ患者が五三人増え、計四二五人となった二十五日、世界保健機構が致死率は一般の風邪並みの〇・四二%と発表。寒さが戻った週末、風邪気味の人はしっかりと休養を。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載2012年10月27日 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載 ニッケイ新聞 2012年10月27日付け  来年3月でニッケイ新聞が創刊15周年を迎えるのを記念し、歴代の記者が日夜取材に駆け回り、本紙に掲載した記事の中から、独断と偏見で選んだ15個のトップニュースを、「コロニア15大ニュース」としてお届けする。続々と報じられたこれらニ […]
  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]
  • 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ2019年1月7日 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ  「なぜ、そんな兆しさえなかったブラジルで、極右政権が誕生したのか」と問われたとしたら、「ルサンチマン(積もり積もった怨念)」と「ブラジル選挙の29年のジンクス」の2つが起こした〃時代的な化学反応〃を理由にあげる。この二つの事象は、いかにして窓際下院議員、陸軍予備役少佐 […]
  • 大統領選の投票日直前に急展開=ボルソナロとハダジで決戦へ=サンパウロ市在住 駒形 秀雄2018年10月9日 大統領選の投票日直前に急展開=ボルソナロとハダジで決戦へ=サンパウロ市在住 駒形 秀雄  春にしては寒い10月7日、ブラジル全土で大きな事故もなく、総選挙が行われました。  注目の大統領選挙では強硬派と言われるボルソナロ(PSL党)が5千万近い票を集めて1位、ハダジ(PT党)が3千万票で2位となり、この二人で10月28日の第2次選挙が争われることになりま […]
  • 呉屋会長2015年7月7日 ごあいさつ 移民の日にあたって=ブラジル日本文化福祉協会会長 呉屋 春美  1908年に日本移民がブラジルに移りきて、今年で107周年を迎えます。今日の日系社会が存在するのは私共の先輩方のご苦労の賜物であります。開拓先亡者の御霊に対して心より哀悼と感謝の意を表する次第であ […]