ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2010年5月29日付け

 牧畜でも自然の薬草などを使ったオメオパチアが行われている。ここ10年で6千頭以上の牛を自然療法で育てたマラニョン州グラジャウのレオ・マニエロ・フィーリョ氏によると、家畜小屋の中で与える餌に薬草から作った薬を混ぜるだけで、家畜小屋に頻繁に移して抗生物質を使う飼育の手間が減り、人間と牛双方のストレスが減少。経費は少なくて済む上、牛の発育も良く、化学薬品を使った場合の危険も避けられて、よい事ばかりだという。
     ◎
 聖市ルスの州立博物館ピナコテッカで、29日から8月22日に、〃エルドラードの黄金〃のタイトルで展示会が開催される。コロンビアはボゴタにある黄金博物館所有の金細工などの作品290点は紀元前1千年から1500年ごろまでに作られたもので、スペイン人到来前の作品展は国内初だという。ピナコテッカの開館は火~日曜日の10~18時。一般の入場料は6レアルだが、土曜日は無料だ。
     ◎
 商用で南アフリカに出張した伯国企業重役が、ヨハネスバーグ国際空港で誘拐されるという事件が発生。何百万ドルの商談は罠だったと気付いた時は既に遅く、車で40分ほどの町の民家で2日間監禁されたが、28日にアジトに踏み込んだ警官により解放された。身代金100万ドルの要求を拒否されて怒った犯人により、胸や腹、脚に熱したアイロンを押付けられた男性は病院で治療の後、ホテルに移り休養中だ。アジト解明は、同じ様に誘拐されたが、7万ドルの身代金を払って19日に解放された韓国人企業家の情報によった。ナイジェリア人6人が逮捕された様だ。W杯に備えて現地入りした我らがセレソン(選抜チーム)も既に練習を開始しているが、大会中の治安は?

image_print

こちらの記事もどうぞ