ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2009年7月18日付け

 トメアスー第一回移民山田元さんの講演会が二十日午後六時半から、文協貴賓室で行なわれる。入場無料。収益が八十周年の支援金となる。人文研の「図書即売市」が開かれるほか、トメアスー農協による熱帯果実ジャムなどを販売するコーナーでは、ミス・トメアスーの久保田タチアーニさん(17)も売り子として参加する。仲代達矢主演のドラマ『アマゾンの歌』(一部)上映もある盛りだくさんの企画だ。何はともあれ、アマゾン開拓の貴重な証言をお聞き逃しなく!
     ◎
 日本祭が十七日、開幕した。郷土食のバンカは準備中のところが大半。肝心のガスが通ったのは正午過ぎ。調理をしていた関係者に話を聞くと、「毎年のこと」とか。そのため、いち早く行列が出来ていたのは、手巻き寿司など火を使わない料理と、県人会自らでガスを用意していたところだったよう。
     ◎ 
 八月第一、第二、第三土日に開催する援協カンポスさくらホームの「さくらまつり」。日曜日に限り往復バスが運行されるが、予約殺到のため九日のバスを増便する。往復六十レアル(会員五十五レ)で、会員課(11・3385・6607)で受付中。援協によれば、今年は最終週あたりが見ごろとか。家族や仲間と花見小旅行はいかが?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ニッケイ俳壇 (856)=星野瞳 選2015年9月19日 ニッケイ俳壇 (856)=星野瞳 選 【この九月四日世を去った西谷南風遺句集より】 仔馬追ふ母馬の眼の人に似る 時雨るるやキリストの本売ル人に 百雷の轟く滝の夕燕 吹き荒れて谷に落ちたる野分かな 火焔樹の下に人待つ恋乙女 鍬百姓四十年や豆の花 […]
  • ニッケイ俳壇 (854)=星野瞳 選2015年9月5日 ニッケイ俳壇 (854)=星野瞳 選 アリアンサ 新津 稚鴎 枯野中庭をきれいに掃いて住む 一つ歩き皆歩き出す枯野牛 教会の扉につづくなり枯野径 遠野火をびっしり闇の閉ぢこめし 火の色の闇に滲まぬ遠き野火 […]
  • 2015年4月8日 ニッケイ俳壇(834)=星野瞳 選    セーラドスクリスタイス   桶口玄海児  マリタカの一群茘枝の畑に来る 若い者に足らぬおやつや畑日永 マンガ樹にマリタカの群今日も来し 西瓜切る九人の子供皆育ち 雨降らす木のある村に喜雨至る    北海道・旭川市       両瀬 辰江  温かや鍋焼うどん麺 […]
  • 2009年6月18日 トメアスー=幻の世界的エネルギー構想あった=アマゾン移住80周年記念企画=大物政治家との深い絆=千葉三郎の想い振り返る=岸信介が〃お忍び〃で  アマゾン河口最大の都市ベレンから南に百十キロにある〃北伯移民のふるさと〃トメアスーを舞台にした、現代に通じる幻の大エネルギー構想があったことは、あまり知られていない。ブラジルに縁のある大物政治家といえば、セラードに入れ込んだ渡辺美智雄氏(大蔵大臣など六大臣職)や、海外移住 […]
  • 今週末の催し2009年5月15日 今週末の催し ニッケイ新聞 2009年5月15日付け 土曜日  第九回ピエダーデ柿祭り、十六日午前十時、ピエダーデ文化体育協会会館(Rod.SP 250,km 101 - Trecho Piedade/Pilar do […]