ホーム | 日系社会ニュース | 日舞花柳流金龍会が公演=アマゾン80周年記念祭で

日舞花柳流金龍会が公演=アマゾン80周年記念祭で

ニッケイ新聞 2009年8月5日付け

 【パラー州ベレン発】日本舞踊花柳流金龍会がアマゾン日本人移民八十周年記念祭典で公演することが正式に決まった。
 花柳流金龍会の北伯唯一の名取である花柳龍駒(一九八五年襲名)と、アマゾン日本人移民八十周年祭典委員会(イベント担当委員会)の要請を受けたもの。
 花柳流金龍会、会主花柳金龍師匠一行七人(花柳龍香、花柳龍伯、花柳龍奈、花柳龍富美、花柳龍智、着付け秋山きよみ)は九月十四日ベレン着。十五日のトメアスーの式典前夜祭では、当地の花柳龍駒門下生四人、民謡クラブの九人も加わっての総出演となる。
 なお一行は、十七、十八日、二回にわたってベレンの式典会場、HANGARでも花を添える。
 花柳金龍会の活動は、五五年、日本国大使君塚慎氏の依頼によりリオデジャネイロ市で、戦後はじめて日本舞踊をブラジルの高官の前で披露した。
 五七年にはサンパウロ市制四百年祭の祝賀にも参加。近年では昨年の日本移民百周年祝賀祭典にアニャンビー大講堂で古典舞踊、創作舞踊など発表。地方都市の要請を受け協賛の形で活動を続けている。
 今回の八十周年公演もこうした、花柳流金龍会の活動姿勢に基づくもの。
 当地での公演を取り仕切った花柳龍駒さんは、「サンパウロの先生方と一緒に、大いに八十周年を盛り上げます」また、「心のこもった素晴らしい踊りを見ていただけると思います」とその決意のほどを述べた。(下小薗昭仁通信員)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと2019年2月5日 アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと  昨年末をもってサンパウロ新聞(以下、サ紙)が廃刊した。あちこちから「それについて書かないのか」とせっつかれる。他人ごとではないだけに非常に気が重いテーマだ。まず思い浮かぶのは「お疲れさま。お互いよくここまで持った」という感慨だ。110周年まで日刊2紙が生き残ったこと自 […]
  • どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー2017年12月29日 どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー  新年の目玉は、なんといっても日本移民110周年。1月7日に開会式が行なわれる割に、どんな記念事業が進んでいて、肝心の6月、7月にどんな記念イベントが行なわれるのか、実はよく分かっていない。そこで年末に菊地義治110周年実行委員長に時間を都合してもらい、本紙編集長と11 […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(34)2013年10月30日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(34) ニッケイ新聞 2013年10月30日 「ええ、それから数年後、あのビラ・アマゾニアの日本人無縁墓地に対岸から供養され、その最中、河に入水して消息を絶たれたのです」 「ええっ、どうしてそんな事に?」 「謎と云うしかありません。遺体も見つからないままです」 […]
  • 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載2012年10月27日 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載 ニッケイ新聞 2012年10月27日付け  来年3月でニッケイ新聞が創刊15周年を迎えるのを記念し、歴代の記者が日夜取材に駆け回り、本紙に掲載した記事の中から、独断と偏見で選んだ15個のトップニュースを、「コロニア15大ニュース」としてお届けする。続々と報じられたこれらニ […]
  • 21世紀の森づくり=全伯植樹キャンペーン2012年6月13日 21世紀の森づくり=全伯植樹キャンペーン ニッケイ新聞 2012年6月13日付け 「日伯・絆の森」作り=協力の輪広がる=東日本大震災=犠牲者追悼と復興を願って  ブラジル・ニッポン移住者協会(小山昭朗会長)がオイスカ・ブラジル総局(高木ラウール会長)と共催し、サンパウロ市の緑化・環境局が全面支援して実施している […]