ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2009年9月1日付け

 コロンビアのウリベ大統領が新型インフルエンザに罹患した事が八月三十日に確認された。二十八日のウナスール会議からの帰りに症状が出始めて、二十九日の公務中にひどくなったため診察、検査を受け、判明したもの。発症のタイミングからいって、専用機に乗っていた同国閣僚や報道陣だけでなく、同会議に出席していた各国首脳達にも感染した可能性が…。
     ◎
 サンパウロ市南部のアイルトン・セナ・トンネルで八月三十日未明に、送電線を盗んでいた泥棒が、パトカーの警官から逃れようとして壁との隙間に落ちて、御用となった。落ちた隙間から這い出せなくなり、消防隊に救助された泥棒は前科者。前回送電線を盗んだ時は、カメラの映像にも映っていたのに証拠不十分で釈放されたが、今回は現行犯逮捕で暫く留置場に止め置かれる。
     ◎
 リオ市で十日から二十日開催の本のビエンナーレ入場券が八月三十一日から発売開始に。今回のビエンナーレのテーマは米国文学で、本の展示の他、国内から一〇〇人以上、国外から一八人の作家が参加し、討論会やサイン会などが行われる。また、子供向けコーナーにはお話をする木などが置かれ、親子連れ参加を支援する工夫も。会場はバーラ・ダ・チジュッカのリオ・セントロ。入場料は一二レアルで、期間中有効なパスポートは六〇レアル。五〇レアル以上買物をすると入場料の払い戻しがある。詳細はwww.bienaldolivro.com.brかwww.ingressomais.com.brへ。
     ◎
 サンパウロ州で一月以上の慢性的な不眠症に悩む人は一三・二%とサンパウロ連邦大学調査。患者の数は女性の方が多く、全体の三五%はストレスに起因するものだという。

image_print

こちらの記事もどうぞ