ホーム | 日系社会ニュース | JAL=支店長が説明に来社=「廃止決定の事実はない」

JAL=支店長が説明に来社=「廃止決定の事実はない」

ニッケイ新聞 2009年9月19日付け

 【既報関連】本紙十八日付の「JAL(日本航空)成田―サンパウロ便を廃止へ」記事に関して、小西弘恭・日本航空南米地区総括支店長が十八日に来社し、同路線の「廃止が決定した事実はない」との説明を行い、訂正を求めた。
 日本の一部メディアでも同社が経営再建策の一環として国際線二十一、国内線二十九の廃止を決めたと報道しているが、「あくまで検討中」と強調し、サンパウロ路線が検討の俎上に上がっているかどうかも知らされていないとした。
 日伯の空を結ぶ唯一の直行便だけに、さらなる存続を期待する声がコロニアからも上がっている。

image_print

こちらの記事もどうぞ