fbpx
ホーム | 日系社会ニュース | 豊田、若林、細井戸さん=デコ画廊で合同作品展

豊田、若林、細井戸さん=デコ画廊で合同作品展

ニッケイ新聞 2009年10月17日付け

 造形作家の豊田豊さん、画家の若林和男さん、ファイバー(繊維)アート作家の細井戸三枝さんの合同作品展が20日から11月15日まで、サンパウロ市ベラ・ビスタ区のデコ画廊(R. dos Franceses, 153)で開かれる。
 豊田さんが彫刻、若林さんが絵画、細井戸さんが繊維を使ったタペストリーなどの近作を出品し、計30点あまりが展示される。
 3氏による合同展は今年5月にリオで開かれており、今回で2回目。同展はリオ総領事館が後援し、「地元の日系人の方たちが一体になって応援してくれた」と豊田さんは振り返る。
 現地で「サンパウロでも見たい」との声があったことを受けてこの度の開催が決まった。若林さんは「長年続く日系の画廊であるデコ画廊でできることは光栄。私たち3人の仕事を見てもらえたら」と話し、来場を促した。
 20日午後7時から開会式。21日からの開場時間は午前10時から午後7時。問い合わせは同画廊(11・3289・7067)まで。
 なお同展は来年3月に南マット・グロッソ州カンポ・グランデで開催されることが決まっている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (87) =  山城 勇2017年10月31日 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (87) =  山城 勇  そのため一極集中的に大都市や工業都市に人口集中を余儀なくされ、地方は過疎化し立ち遅れてしまった。  そこでその地域やそれぞれの地方の活性化を図る目的で全国3,300余の市町村に一率一億円を交付した。  そして自から考え自ら行う特殊事業でもって故郷の活性化・創生をはかること […]
  • ニッケイ俳壇(909)=富重久子 選2016年10月7日 ニッケイ俳壇(909)=富重久子 選 サンパウロ  林とみ代 指揮棒に合はぬ合唱百千鳥 【「合唱」、多くの人と声を揃えて歌うのは実に楽しく、またよい歌曲の合唱を聴くのも楽しいものである。 この句の様に、楽譜を見るのにとらわれて指揮棒に合わないということはよくある事。それにしても季語の「百千鳥」がユーモアも交えた […]
  • ニッケイ俳壇(901)=富重久子 選2016年8月11日 ニッケイ俳壇(901)=富重久子 選 セザリオ・ランジェ  井上人栄ときめきの心にも似て春を待つ【「春を待つ」丁度この頃の季節である。高階から外を眺めると、墓場の森など枯れ色が目立ち侘しい景色が目に入る。林立するビルの中庭や前庭の草木も枯れ色が目立ち、人の出入りもまばらで冬の様相をなしている。八月から春の季節で、「 […]
  • 第60回パウリスタ・スポーツ賞=16日にサンパウロ市議会で授賞式=特別賞4人含め総勢22人=盛大に多彩な功労者を表彰2016年6月11日 第60回パウリスタ・スポーツ賞=16日にサンパウロ市議会で授賞式=特別賞4人含め総勢22人=盛大に多彩な功労者を表彰  ニッケイ新聞が主催する「第60回パウリスタ・スポーツ賞」が16日にサンパウロ市議会の貴賓室で行われる。コロニアおよびブラジル社会において、現役で活躍の選手や引退後の指導者、審判として、競技の振興や普及に尽力した功労者に対し、「特別賞」4人を含む22人を表彰するもの。今年60年 […]