ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

日系社会ニュース

ニッケイ新聞 2009年10月28日付け



 「大根屁、芋屁、牛蒡(ごぼう)屁、どれが一番臭いか分かりますかぁ」―。青森県人会55周年祝賀会で、日本の方言川柳作家、渋谷伯龍さんが様々な青森お国ことばについて講演。「たくあん食べたあとの屁が一番臭」く、大根屁が最大級表現だとか。青森県でも方言が消えつつあり、母県でもひっぱりだこの伯龍さん。初来伯に、「あっちにもこっちにもじょんばけつ(大きい尻)ばかりで驚いたね」と話し、懐かしい郷里の言葉に涙を流す老移民の姿もちらほら。
     ◎
 澄んだ声同様、穏やかな口調で会場を和ませるのは、盲目の歌手・比嘉テレーザ美由貴さん。18日、沖縄県人会館で2回目のコンサートを開催し、その美声が来場者を魅了した。比嘉さんは、イベントや結婚式に呼ばれて歌うこともあるそう。舞台から「私の歌をもう一度聞きたいという人は、ぜひ呼んで下さいね」と微笑んだ。
     ◎
 アメリカの総合格闘技「UFC104」が24日、米国ロサンゼルスで行われた。ライトヘビー級の王座決定戦では、今年5月に王座を獲得したベレン出身の町田リョート選手が同じくブラジルのマウリシオ・ショーグン(同)と対戦。日本の報道によれば、リョート選手は空手着を着て入場、僅差の末判定で勝ち、初防衛に成功した。

image_print

こちらの記事もどうぞ