ホーム | 日系社会ニュース | 文協・新年祝賀会=400人が新年寿ぐ=「移民魂で頑張ろう!」

文協・新年祝賀会=400人が新年寿ぐ=「移民魂で頑張ろう!」

ニッケイ新聞 2010年1月5日付け

 「2010年度新年祝賀会」が1月1日午前、ブラジル日本文化福祉協会大講堂で開催され、約400人が新年を祝った。文協、サンパウロ日伯援護協会、ブラジル日本都道府県人会連合会、在サンパウロ日本国総領事館、ブラジル日本商工会議所、日伯文化連盟の共催。
 文協合唱団により、日伯両国歌が斉唱され、木多喜八郎文協会長はあいさつで、「2014年サッカーW杯や16年リオ五輪が予定される2010年代、日本を始め世界にブラジル社会の中の移民先駆者が築いた日系文化を知ってもらうチャンスになる」と期待、「文協は今年創立55周年を迎える。日系社会の拠り所となる堅実な組織に守り育てていきたい」と力を込めた。
 大部一秋在聖総領事は、「ブラジルの未来は揚々と開けている。今年は、その黄金の時代の幕開けになると信じている」と述べ、「今年は特に若い世代の育成、日本語日本文化の普及、日系社会の活性化の3点に尽力したい」と掲げた。与儀昭雄県連会長により音頭がとられ、万歳三唱された。
 その後祝賀パーティに移行、同合唱団が「1月1日」を合唱、森口イナシオ援協会長により「運命は我々自身で切り開くもの。移民の歴史のように、今年もがんばっていこう」と述べ、乾杯を行った。
 三木万理枝同合唱団会長は、「今年はさらにメンバーを増やし、文協のイベントを盛り上げていきたい」と話す。
 初めて参加したという大原千代子さん(82、大阪)は、「同世代の人と触れ合い、賑やかな正月を迎えることができました」と笑顔を見せた。
 ブラジル・ニッポン移住者協会顧問の小瀬真澄さんは、「一世が少なくなってもこういった団体に文化を引き継いでいってほしい」と話した。
 来場者には、記念の紅白餅が配られた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 2017年1月元旦=新年のご挨拶2017年1月1日 2017年1月元旦=新年のご挨拶 新年に考えること=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田康夫  謹んで新年のお慶び申し上げます。  旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 […]
  • 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ2016年6月23日 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ 移民の日に思うことブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫 ブラジルの日本移民は今年108年、戦後の移住が再開されて63年になり、戦前、戦後を通じてブラジルに移住した日本人の数は25万人余、そして現在では190万人余といわれる日系人の中に占める日本人の数は3%を下回るとい […]
  • 年頭のご挨拶2016年1月5日 年頭のご挨拶 県連50周年とリオ五輪に向かって=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 本橋幹久 新しい年2016年を迎えるに当たり、新年のお慶びと共にご挨拶を申し上げます。 一年の計を思い成す為には、過ぎた一年を思いたどることも必要かと思います。 2015年は、先ず県連も日系コムニダーデの一員 […]
  • 呉屋会長2015年7月7日 ごあいさつ 移民の日にあたって=ブラジル日本文化福祉協会会長 呉屋 春美  1908年に日本移民がブラジルに移りきて、今年で107周年を迎えます。今日の日系社会が存在するのは私共の先輩方のご苦労の賜物であります。開拓先亡者の御霊に対して心より哀悼と感謝の意を表する次第であ […]
  • 本橋 幹久2015年1月8日 新年のごあいさつ 2 県連あいさつ文=日伯120年の絆=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 本橋 幹久  新しい年2015年を迎えるに当たり、新年のお慶びと共にご挨拶を申し上げます。 本年は「日本ブラジル外交関係樹立120周年」の節目の年に当たります。1895年に締結された「日伯修 […]