ホーム | 日系社会ニュース | 岐阜県人会=ヤキソバ会で賑わう=「売上げ会館建設費に」=若者も手伝って盛り上げ

岐阜県人会=ヤキソバ会で賑わう=「売上げ会館建設費に」=若者も手伝って盛り上げ

ニッケイ新聞 2010年4月6日付け

 ブラジル岐阜県人会(山田彦次会長)は3月28日、サンパウロ市内の同会館でやきそば会を行い、100人以上で賑わった。山田会長は「売上げは会館建設費にまわします」と意気込む。2013年は県人移住百周年の年で、記念事業として新会館建設構想があるからだ。

 当日はマウア市在住の小島康一さん(やすいち、75、岐阜県)が会議室に、茶碗、小鉢、湯飲みなどの素焼きの器を持ってきて、珍しい絵付け体験教室を行った。本職の陶器工場を経営しており、岐阜県から1953年に20人きた〃陶器移民〃の一人。「今でも陶器をやっているのは僕だけ。他の人はスーパーやったり絵描きになったりしている」という。
 やきそばの準備をしていた婦人らの一人、山田信子さん(のぶこ、65、北海道)は「みんなが手伝ってくれるから、なんとかできます」とほほえむ。昨日から7人ほどで準備してきた。
 餡かけのスープを作る女性陣の横では、鉄板が二枚。青年が麺に焼き目を入れていた。08年に10日間の岐阜県研修ツアーに参加した林佑さん(はやし・ゆう、19、三世)は、手を動かしながら「いつも県人会活動を手伝っています。ツアーのおかげで、実際に母の故郷をこの目で見てみて、大変興味深い場所だと実感しました」と話す。
 山田会長は「だんだん若い人が多く手伝うようになってきている。この調子で6月にはうどん大会、7月には講演会も考えている」という。
 家族9人で食べにきた末吉ケニーさん(46)=サンパウロ市在住=は、「とても美味しい。父が新聞で読んでみんなを誘ってくれた」という。元文協会長の岩崎秀雄さん(88、東京)も奥さんと妹と元気な姿をあらわし、「美味しかったよ」と笑顔をうかべた。
 最後はビンゴ大会となり、午後4時頃まで会員の家族らは和気あいあいと楽しい時間を過ごした。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■人探し■2019年2月8日 ■人探し■  岐阜県岐阜市在住の高橋明丈さんが、市内の明徳小学校で同級生だった「野口」さんという女性を探している。判明しているのは苗字のみで、結婚後に、苗字が変わっている可能性がある。  高橋さんは1947年生まれ。野口さんが存命なら現在は70歳過ぎ。高橋さんによれば、1959年の伊勢湾 […]
  • 岐阜県人会総会、24日2019年2月6日 岐阜県人会総会、24日  ブラジル岐阜県人会(長屋充良会長)の「定期総会」が24日、サンパウロ市リベルダーデ区のニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, […]
  • ぷらっさ=日本の大学に日本人移民史研究学科を=吉田 恭子2019年1月30日 ぷらっさ=日本の大学に日本人移民史研究学科を=吉田 恭子  イビウーナで暮らしておられた故・香山栄一氏から8百冊余りの書籍を引き継いで、インターネット上に何とか香山文庫のウェブサイト(http://wabicafe.com.br/kayama/)を立ち上げたのが、今から4年余り前。時々サイトの手直しなどをしてはいるものの、デー […]
  • 瀬名波さん文化カレンダー=本紙編集部で無料配布中2019年1月11日 瀬名波さん文化カレンダー=本紙編集部で無料配布中  「新ウチナー民間大使」の瀬名波美恵子さんが沖縄文化普及活動の一環として、2019年度文化カレンダー「ウチナーグアー」を製作した。全1000部。同民間大使とは、沖縄との懸け橋として海外で活躍することが期待される人を認証する県の制度。  ラジオ・テレビ・ニッケイのアナウ […]
  • ■今週末の催し2019年1月10日 ■今週末の催し  12日(土曜日)  新春初生け、午後7時、ニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, 425)、日曜は午前10時から      ◎  映画鑑賞会、昼12時半、熟連会館(Rua Dr. Siqueira Campos, […]