ホーム | 日系社会ニュース | 邦人観戦客の被害相次ぐ=ブラジルW杯、犯罪多発

邦人観戦客の被害相次ぐ=ブラジルW杯、犯罪多発

 【リオ・デ・ジャネイロ共同】サッカー・ワールドカップ(W杯)開催中のブラジルで、日本人観戦客の犯罪被害が相次いでいる。人混みでのすり被害や置引が多いが、好奇心で「ファベーラ」と呼ばれるスラム街に入って銃を突きつけられた若者も。
 外務省は16日時点で、日本代表の初戦が行われた北東部レシフェで少なくとも3件、最大都市サンパウロで4件を把握。「所持品は手放さず、ファベーラには近づかないでほしい」と注意を呼び掛けている。
 「金をよこせ」。目の前に銃を構えた男5人組が近づいてくる。W杯開幕戦前日の11日、治安が特に悪いことで知られる東部サルバドル。観戦に訪れた北九州市出身の板井武志さん(34)は好奇心でファベーラに入り、タクシーの中から、街角で銃を持っていた男にカメラを向けてしまった。
 タクシーが急発進し、事なきを得たが「もう二度とファベーラには入らない。まさか銃を突きつけられるとは」と顔をしかめて振り返った。これまで50カ国以上を訪れ、旅慣れているが「ブラジルは空気が本当に怖い」と指摘する。
 外務省によると、W杯観戦にブラジルを訪れた日本人は5千人以上。物価が比較的高く国土が広いブラジルではバスで移動し安宿を渡り歩く若者も多い。観戦チケットを入手できずに無料のパブリックビューイングで観戦中に、財布をすられた例のほか、腕時計を引きちぎられたり、リュックサックを開けられスマートフォンを盗まれたりしたケースも。
 サンパウロでは、観戦チケットや多額の現金を盗まれる被害が続いている。パスポートを失わなければ警察や在外公館に届け出ない人が大半で、外務省でも被害を把握しきれていないのが実情だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年9月13日 東西南北  サンパウロ市は11日、同市南部サントアマーロの市営市場の運営権に関する入札を行ったが、応札企業がないまま、入札を終えた。この市営市場は1897年に操業を開始しており、100年以上の歴史をもつ由緒あるものだが、昨年の9月に火事で焼失した後、営業も止まっていた。今回の入札はこれを […]
  • 東西南北2020年9月19日 東西南北  18日、ブラジルのネットはなつかしい写真で溢れた。それはこの日が、ブラジルでのテレビ本放送70週年記念日だったからだ。1950年、今はなきトゥピー局が放送を開始したのが最初となる。日本のNHKが本放送をはじめたのが1953年2月1日なので、それよりも2年半近く早かったことにな […]
  • 2030年W杯まで安心なサッカー新世代2020年9月18日 2030年W杯まで安心なサッカー新世代  サッカーがブラジル国内で再開されて、一月近くが経過した。その短い期間の中で楽しみなことが起こって来ている。  それは、昨年のU17W杯での世界一に貢献した選手たちのうち4人が、早速プロの世界で活躍していることだ。カイオ・ジョルジュ(サントス)、ペグロウ(インテル […]
  • 《ブラジル》コリンチャンス創立110周年=スタジアムの命名権売却=「ネオ・キミカ・アレーナ」に2020年9月3日 《ブラジル》コリンチャンス創立110周年=スタジアムの命名権売却=「ネオ・キミカ・アレーナ」に  コリンチャンスのホームスタジアム、通称「イタケロン」が、2040年までの20年間「ネオ・キミカ・アレーナ」と呼ばれる事になった。サンパウロ市東部にあり、2014年W杯の開会式と開幕戦にも使われた。  コリンチャンスは1日に創立110周年を迎えたサッカーの名門チーム。 […]
  • 《南米サッカー》リベルタドーレス杯9月再開=他大会が同時並行の強行日程2020年7月22日 《南米サッカー》リベルタドーレス杯9月再開=他大会が同時並行の強行日程  サッカーの南米一を決めるリベルタドーレス杯が9月15日から再開されることが20日、正式発表された。21日付現地サイトが報じている。  今年のリベルタドーレス杯は、3月のグループ・リーグ中に新型コロナウイルスの感染爆発が起きて、各チームが第2節を終えた3月12日を最後 […]