ホーム | 日系社会ニュース | 邦人観戦客の被害相次ぐ=ブラジルW杯、犯罪多発

邦人観戦客の被害相次ぐ=ブラジルW杯、犯罪多発

 【リオデジャネイロ共同】サッカー・ワールドカップ(W杯)開催中のブラジルで、日本人観戦客の犯罪被害が相次いでいる。人混みでのすり被害や置引が多いが、好奇心で「ファベーラ」と呼ばれるスラム街に入って銃を突きつけられた若者も。
 外務省は16日時点で、日本代表の初戦が行われた北東部レシフェで少なくとも3件、最大都市サンパウロで4件を把握。「所持品は手放さず、ファベーラには近づかないでほしい」と注意を呼び掛けている。
 「金をよこせ」。目の前に銃を構えた男5人組が近づいてくる。W杯開幕戦前日の11日、治安が特に悪いことで知られる東部サルバドル。観戦に訪れた北九州市出身の板井武志さん(34)は好奇心でファベーラに入り、タクシーの中から、街角で銃を持っていた男にカメラを向けてしまった。
 タクシーが急発進し、事なきを得たが「もう二度とファベーラには入らない。まさか銃を突きつけられるとは」と顔をしかめて振り返った。これまで50カ国以上を訪れ、旅慣れているが「ブラジルは空気が本当に怖い」と指摘する。
 外務省によると、W杯観戦にブラジルを訪れた日本人は5千人以上。物価が比較的高く国土が広いブラジルではバスで移動し安宿を渡り歩く若者も多い。観戦チケットを入手できずに無料のパブリックビューイングで観戦中に、財布をすられた例のほか、腕時計を引きちぎられたり、リュックサックを開けられスマートフォンを盗まれたりしたケースも。
 サンパウロでは、観戦チケットや多額の現金を盗まれる被害が続いている。パスポートを失わなければ警察や在外公館に届け出ない人が大半で、外務省でも被害を把握しきれていないのが実情だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年9月13日 東西南北  サンパウロ市は11日、同市南部サントアマーロの市営市場の運営権に関する入札を行ったが、応札企業がないまま、入札を終えた。この市営市場は1897年に操業を開始しており、100年以上の歴史をもつ由緒あるものだが、昨年の9月に火事で焼失した後、営業も止まっていた。今回の入札はこれを […]
  • 東西南北2021年2月13日 東西南北  15日から17日の午前中まではカーニバル休暇のはずだったが、今年はコロナ禍につき、カーニバルを公的に祝う自治体はない。カーニバル休暇は本来、国民の祝日扱いではなく、自治体判断なので、開催されないのならば平日扱いとなるはずだが、そこがブラジルの不思議なところ。企業などの判断で、 […]
  • 東西南北2021年2月9日 東西南北  7日に行われたサッカーのクラブW杯準決勝で、南米代表のパルメイラスは北中米代表のUANLティグレス(メキシコ)に0―1で敗れた。後半7分、ディフェンダー、ルアンがペナルティ・エリア内で相手フォワードのカルロス・ゴンザレスに痛恨のファウル。そこで得たPKを相手エース、ジニャック […]
  • 東西南北2021年2月4日 東西南北  サンパウロ州政府が「コロナワクチンの州の接種予定に関し、フェイクニュースに注意を」と呼びかけている。それによると、ワッツアップなどを通じて「75歳以上の高齢者の接種が8日からはじまる」とか「28歳より下の接種の開始は7月1日以降」などの怪情報が流れているという。正しくは、90 […]
  • 東西南北2021年1月16日 東西南北  サッカーのブラジル杯の決勝が、リベルタドーレス杯の関係上、日程が組めずに止まっている。問題は、どちらも決勝戦にパルメイラスが進んだことにある。1月30日のリ杯決勝でサントスが勝てば、ブ杯の決勝は2月11〜17日のいずれかになる。だが、パルメイラスが南米一になった場合は、2月に […]