ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2010年4月20日付け

 今月15日付け本紙で故・藤井卓治氏の家族の情報提供を呼びかけた片岡永子さんから、「無事会えた」と連絡があった。日本のファミリアの来伯を喜ぶ息子たちが集まり、墓参り、生前の自宅への訪問も叶ったよう。「ゆくゆくは〃ブラジルの大叔父〃の本を出版したい。再来伯も視野に入れて、地道に資料収集したい」と取材活動にやる気を見せる片岡さん。生前の藤井氏と知己のある人の証言を求めている。連絡先は片岡(11・7342・1827)まで。
     ◎
 サンパウロを舞台に、俳優オダギリ・ジョーが日系人キリンを演じた映画『プラスティック・シティー』(09年、ユー・リクウァイ監督)が20日午後7時半から、サンパウロ市セントロ区の文化センター「Olido」(Av. Sao Joao, 473)で上映される。入場料1レアル。アマゾンで生まれ、リベルダーデ街の闇稼業を営む主人公キリンの人生は、育ての親で元締めの男(アンソニー・ウォン)の命が狙われたことから、大きく狂い始めるー。宣伝によれば、全編ブラジルロケで、幻想的に美しい映像が目玉の一つとか。
     ◎
 最近になって、日本で急に衆院選・参院選のダブル選挙の可能性が取りざたされ始めた。野党関係者から始まり、NHKによれば16日には与党側から、7月の参院選前に現内閣が退陣する事態になれば「衆参同日選挙によって信を問う可能性はある」と発言があるなど、にわかにざわついてきているようだ。同日選になった場合、世界最多の選挙人登録があるサンパウロ総領事館の在外公館投票は? 関係者としては気が休まらないといったところか。

image_print

こちらの記事もどうぞ