ホーム | 日系社会ニュース | 宮城婦人部=東北6県北海道ツアー=目玉は夏祭り、空席わずか

宮城婦人部=東北6県北海道ツアー=目玉は夏祭り、空席わずか

ニッケイ新聞 2010年5月8日付け

 【既報関連】ブラジル宮城県人会婦人部(伊藤文江部長)が企画する「東北夏祭り及び北海道観光旅行」(7月29日~8月11日)の空席が残りわずかとなっているにあたり、参加を呼びかけている。
 「サンパウロリベルダーデ仙台七夕祭り」を主催する同県人会の婦人部が、本場の七夕祭りを知るため企画した。
 ツアーは14日間をかけて東北6県と北海道を回る。宮城の仙台七夕祭り、青森のねぶた祭り、岩手のさんさ踊り、秋田の竿灯祭り、山形の花笠祭りの五つの夏祭りに参加するほか、北海道稚内市の日本最北端・宗谷岬などを訪れる。日本からの帰りの日程は自由。
 日本側で受け入れを準備、現在来伯中の高橋一史さん(東北海外旅行・仙台)は、「間違いなく楽しんで頂ける自慢の旅です」とアピールした。
 詳細・参加申込みは、アルファインテル旅行社(電話=11・2187・8989)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ