ホーム | 日系社会ニュース | ■訃報■本永群起

■訃報■本永群起

ニッケイ新聞 2010年5月12日付け

 ツニブラ・トラベル元専務の本永群起さんが10日夕方、聖州マイリポラン市の自宅で突然、心臓麻痺で亡くなった。享年79。11日午前、聖市ビラ・アルピーナ墓地で葬儀が行われ、火葬された。
 1931年4月、熊本県八代郡出身。玉川大学を卒業後、1953年にテゲルベルク号で渡伯し、一年ていどパウリスタ新聞に勤務したあと、山本喜誉司氏によばれて1954年の聖市創立400年祭日本人協力会に加わった。
 翌55年12月に移民五十年祭のために設立されたサンパウロ日本文化協会(現ブラジル日本文化協会)の事務局次長として加わり、勝ち組と負け組に二分していた地方の日本人植民地をまわって統一組織を作るように説得してまわった。
 1962年、ニッポン・ツールを経てツニブラ・トラベルに移る。2003年に退職するまで専務などを歴任した。退職後はマイリポランで隠居していた。

image_print

こちらの記事もどうぞ