ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2010年5月19日付け

 17日に米国の調査機関が、1~4月は史上最高の暑さだったと発表。大陸と海洋上の気温の平均は、20世紀平均より0・69度高い13・3度C。4月平均は20世紀平均より0・76度高い14・5度で、海面温度は3度も高かったという。温暖化がこのまま進めば絶滅する動植物が何種類も出てきそうだが、ベロ・モンテの水力発電所建設で絶滅の可能性のある動植物も指摘された伯国。アマゾン乱開発などによる動植物絶滅と、温暖化による絶滅のどちらが早い?
     ◎
 アマゾナス州マナウスで13日に起きた双発機の墜落炎上事故では、州教育局長を含む6人が死亡したが、操縦士は、最後の最後まで学校や集合住宅がある場所を避けようとしたという。飛行機の中で生まれ、パイロットとなったという逸話を持つ同操縦士は、これまでに5回の事故に遭遇。1987年の事故では、妊娠中の妻と子供2人、親戚4人の命を救ったとも。今回の事故の被害を最少に止めえたのも、34年のパイロット生活で培った技術があったからこそだったという。空で生まれ、空に行き、空で散った生涯だった。
     ◎
 13日に警察署内にいた婦人相手に強盗事件が起きた聖州サウト市で、17日未明に同じ警察署が荒らされるという事件が発生した。内陸部の警察の多くは、夜間の駐在も夜警もいないのを狙われたもの。何も盗まれなかった様だが、不祥事続きに署長ら更迭の声…。
     ◎
 映画「ルーラ、ブラジルの子」でルーラ役を演じたマルコス・セザナ氏(44)が、脳動脈瘤破裂のため、聖市のサマリターノ病院で18日未明に死亡。映画や舞台で活躍し、「ビッショ・デ・セッチ・カベッサス」などにも出演していた。

image_print

こちらの記事もどうぞ