ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2014年1月10日

 ハダジ聖市市長は8日、建設が計画されていた病院や保育園、バス専用道などの建設予定地買い取り差し止めを発表した。理由は財源不足で、ハダジ市長は、都市不動産所有税(IPTU)の値上上限(一般家屋20%、商用家屋35%)を昨年12月に裁判所で却下され、その結果、見込んでいた8億レアルが市に入らなくなったことと、それによって連邦政府からの資金援助40億レアルも失ったからだという。これにより、南部パリェイロスと東部ベレンで建設、買収予定だった病院や85軒の保育園、九つのバス道建設が保留となった。「IPTUを上げないとこういうことになるぞ」という、市長による恨み節か。

     ◎

 そろそろ年始恒例の安売りの季節だが、今年も張り切ってセールに期待している人たちがいる。聖市東部ショッピング・アリカンドゥーヴァ前では、電化製品が安価なことで有名なチェーン店「マガジン・ルイーザ」がきょう朝5時から開くセール目当てに、数日前から一家・親戚合わせて計12人で並んでいる一族もあるほど。同店は16州740店舗でセールを行い、最大70%までの値下げが行なわれる。

     ◎

 昨年11月にクレーン車が倒れたことで、建築が順調に進んでいた会場が一部崩壊、死者まで出た聖市のW杯会場、イタケロン・スタジアムで、このほど正門が完成し、8日に初披露となった。1080枚の鮮やかなガラス・タイルを敷き詰めた、横220メートル、高さ24メートルの長方形の門構えはなかなかの迫力がある。あとはW杯までに間に合うよう、建設されればいいが。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に2014年5月30日 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に  ワールドカップ開催まであと2週間を切り、開催都市では本格的な観光客対策が迫られている。そんな矢先の28日、サンパウロ州の軍警が公表した、観光客に配る安全情報告知のためのパンフレットに記載された鉄道マップが間違いだらけであることが判明した。 しかも、間違いの数は少なくとも1 […]
  • 東西南北2013年10月24日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年10月24日  ハダジ聖市市長が南部パライゾの自宅から市庁舎のあるセントロまで、バス通勤するのは珍しいことではなくなりつつある。バスレーン設置のことで市民からほめられることの多い市長だが、22日午前の通勤では、市民の不満を受ける場面も見られた。ある高齢女 […]
  • 東西南北2013年11月30日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年11月9日  ジェラルド・アウキミン聖州知事は7日、州立学校の進級試験実施の学年を、14年から従来の5年生と9年生の2回から、3年生、6年生、9年生の3回に増やすことに決めた。これは、フェルナンド・ハダジ聖市市長が、市立学校の進級試験の回数を従来の2回か […]
  • セン・テット=デモ行進でハダジが翻意=Nパレスチナに大衆住宅=水源環境破壊危ぶむ声も2014年3月28日 セン・テット=デモ行進でハダジが翻意=Nパレスチナに大衆住宅=水源環境破壊危ぶむ声も ニッケイ新聞 2014年3月28日 26日午前、「セン・テット」としても知られるホームレス労働者運動(MTST)が、聖市の三つの主要道の交通を遮断する大規模なデモ行進を行なった。これを受け、フェルナンド・ハダジ市長は聖市市議会に総合開発法案(プラノ・ジレトール)の変更を急がせ […]
  • 〃時代の振り子〃が右に振れ始めた!=テクノロジーの進歩で生まれた民主主義の隙突く=デジタル空間のクーデターか2018年10月30日 〃時代の振り子〃が右に振れ始めた!=テクノロジーの進歩で生まれた民主主義の隙突く=デジタル空間のクーデターか  今年、リベルダーデで一番賑やかだった街頭の打ち上げ花火は、サッカーW杯ではなく、ジャイール・ボウソナロの当選だった。  半年前、支持率トップでありながらも、大半の国民からは「どうせ本命ではない」と期待を込めて思われていた人物が、最後までトップを保った。  本人もグ […]