ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 コロナワクチンの最新の接種者数を示すVacinometroを用意している州が多いが、サンパウロ州で13日午後13時現在のワクチン接種率が最も高い市はフローラ・リカで、市内のほぼ3分の1にあたる33・2%の人が接種を受けた。上位は主に人口の少ない市だが、大都市ではサンカエターノ・ド・スルが21・8%で全体14位、サントスが20・3%で20位と、高齢者の多い都市が上位に並んでいる。一方、ワースト1位はイタクァケセトゥーバの5・1%。同市によると、その理由は受け取ったワクチンが少なかったからだが、受け取ったワクチンの74・18%が既に使われている。ワクチンの配布は国の予防接種計画に沿って行われているため、高齢者が少ない市はワースト上位に入りやすい。
     ◎
 サンパウロ市のヴァーレ・ド・アニャンガバウーの改修工事の契約を、市が一時的に差し止めたことが明らかとなった。契約再開は7月からになるという。コーヴァス市政はセントロ地区きっての総合施設であるヴァーレ・ド・アニャンガバウーの再活性化計画に巨額の金をかけており、工事そのものは昨年10月に終わっている。だが当初3月31日のはずだった新装お披露目は、実に6度の延期を重ね、延び延びとなっている。一体どうしたのか?
     ◎
 13日のサッカーのリベルタドーレス杯。ブラジリアで行われた対サンロウレンソ(アルゼンチン)戦で、サントスは2点のリードを追いつかれ、2―2で引き分けたが、第1戦を3―1で制していたため、グループリーグへの進出が決まった。前回のリ杯では前評判の低さを覆して準優勝したサントス。今回は優勝を狙いたいところだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コパ・アメリカ開催地に急きょ決定=コロンビア、アルゼンチンが中止で2021年6月1日 《ブラジル》コパ・アメリカ開催地に急きょ決定=コロンビア、アルゼンチンが中止で  南米サッカー連盟(CONMEBOL)が5月30日、6月に開催予定のコパ・アメリカの開催予定地だったアルゼンチンでの開催をコロナ禍を理由にキャンセル。翌日には一転し、ブラジルでの開催を発表した。5月31日付現地サイトが報じている。  CONMEBOLは5月30日の夜1 […]
  • 東西南北2021年5月28日 東西南北  連邦政府文化局のマリオ・フリアス文化局長が、文化局内を銃を持って歩いていると報じられている。その銃は本人名義で登録した9ミリ口径のもので、それをベルトの脇に見えるようにして歩いているという。さらに、そういう状況の中で同氏が部下や下請け業者の人に向かって叫ぶ姿も見られており、文 […]
  • 東西南北2021年5月26日 東西南北  ボルソナロ大統領が23日にリオ市で行った1万人規模のマスクなしでのバイク行進は、各方面から批判を浴びている。そのすぐ前の15日にブラジリアで行われた大統領支持の集会では、参加者の一人の退職公務員女性が、すぐ後の20日にマット・グロッソ州でコロナ感染が原因で死亡していることが分 […]
  • 東西南北2021年5月13日 東西南北  11日に保健相が、出場選手をはじめとした東京五輪関係者へのコロナワクチンの接種計画を発表した。リオ五輪の際のブラジル国内でもそういう傾向が見られたが、南米圏そのものの五輪熱がもともと高くない。そのため、今回の五輪もブラジル国内の報道は多くなく、「実感がわかない」というのが実情 […]
  • 東西南北2021年5月7日 東西南北  人気コメディアン、パウロ・グスターヴォのコロナ死は国民に強いショックを与えており、いまだに話題が絶えない。アゴラ紙などが報じたところによると、パウロは生前コロナ対策のために、判明しているだけで130万レアルの寄付を行っていたという。たとえば、昨年4月にバイア州の保健機関への5 […]