ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2010年7月13日付け

 先日サンパウロで行われたある寄付贈呈式を取材していて、こんな風景を見た。寄付する側の団体の若きご婦人方7人が一生懸命、40箱もの重い荷物を車から下ろしているのを、背広を来た高齢の日系福祉団体代表のお歴々が取り巻いてじっと見ているだけ。ご婦人ら本人がヘクラマしている訳ではない。でも場所が援協福祉センターなら、荷卸しを手伝う職員ぐらいいるだろう。もらうのに慣れすぎとは言いたくないが、少しでも寄付者の苦労が減るよう、職員に手伝いぐらいさせてもバチはあたるまい。
     ◎
 開幕中の大相撲名古屋場所。史上4人目のブラジル人十両となった魁聖(東十二枚目、友綱部屋)は2日目を終え、一勝一敗。同じく友綱部屋、三段目東二枚目の魁心は一勝〇敗で白星スタートを切った。今場所はNHKの中継がないため、魁聖の晴れ舞台を見ることができない。本人としても残念だろうが、地球の反対から活躍を祈りたい。

image_print

こちらの記事もどうぞ