ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2010年7月20日付け

 雨にも祟られず、多くの人で賑わった県連主催「日本祭り」。地下鉄ジャバクアラ駅前からの無料シャトルバスは長蛇の列が続いた。歩いても10分ほどの距離なので徒歩で向かった橋の上から見るイミグランテス街道も2車線が大渋滞。「なるほど、地下鉄で行き、徒歩で往復が時間的にも一番いいな」と思いつつ会場を後にしたのだが、地下鉄までの帰り道で迷ってしまった。そういえば去年も同じような事を思い、そして迷ったような気がする。多分来年も…。
     ◎
 初日の雨を残り2日で取り戻した郷土食コーナーは、日曜午後になるとすでに売り切れのところもちらほら。長野では北澤重喜会長の農園で栽培した野沢菜漬けと、自家製納豆を800食ずつ用意し、ほぼ完売。鳥取恒例の和牛の牛丼も500食近くを売る人気だったそうだ。約4000食を売り上げた和歌山のお好み焼きは、受け取りが一カ所のため30分近くかかる長い列。皆さん我慢強い。
     ◎
 パビリオン内では、入り口そばの総領事館ブースで浴衣の試着が人気。隣のJICAでもシニアの与古田さんらの沖縄民謡演奏が人を集めていた。弓場の向かいのコチア青年の農産物、花やADESCの加工品も人だかり。関係者の協力で漬け物などを販売した老ク連ブースも人気だった。別の機会に手作り日本食販売会など開いたら好評かも。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 第20回迎える県連日本祭り=祭典の歴史振り返る=日伯繋ぐ重要な懸け橋に2017年1月1日 第20回迎える県連日本祭り=祭典の歴史振り返る=日伯繋ぐ重要な懸け橋に  2017年7月7~9日、コロニアを代表する祭典『日本祭り』が第20回目の記念すべき節目を迎える。「海外最大の日本祭り」と称される同イベントの歴史を振り返り、また、日本祭りの祖となった「郷土食郷土芸能祭」を始めたブラジル都道府県連合会の網野弥太郎元会長に、当時の様子を尋ねた […]
  • 2013年12月21日 救済会60周年と憩の園55周年 ニッケイ新聞 2013年12月21日 71年間も救済活動続け=戦中から邦人救護に専心  救済会の正式発足は1953年だが、その前身である「サンパウロ市カトリック日本人救済会」は1942年6月、戦争中にその活動を開始していた。コチア産業組合中央会のような食糧供給の国家的役割を担っ […]
  • コチア青年が慰労昼食会=イベント協力に感謝表し2013年9月28日 コチア青年が慰労昼食会=イベント協力に感謝表し ニッケイ新聞 2013年9月3日  コチア青年連絡協議会(村田重幸会長)は6日、ヴァルジェン・グランデ・パウリスタ文化協会のサロンで、先の国士舘桜祭り・日本祭りの販売に協力した会員と会員80余人を招待し「慰労昼食会とカラオケ・ダンス会」を開催した。 […]
  • コラム 樹海2013年7月31日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年7月20日  県連の「日本祭り」が16回目を迎えた。網野弥太郎さんが会長のときに始めたものでありイビラプエノ公園で開かれたのだが、これほど大きな催事になると予想した人は少ない。今やコロニア最大の祭りとなり入場者も20万人を越す賑わいであり、北海道から沖縄 […]
  • 大耳小耳2013年7月12日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年7月12日  サントスの日本語教室への取材は、ロドヴィアリアからタクシーで。やけに愛想の良い運転手だったが発進してもメーターをつけない。要求しても言い訳したり、話を変えるなど結局目的地までそのまま。請求金額は20レアル、「10分も乗っていないのに高い」と […]