ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2014年4月3日

 経費を巡り、サンミゲル・アルカンジョ市との交渉に苦戦する援協。公益福祉団体認定を維持するため政府とも交渉しているが、「せっかく積み上げたのに、法令が変わってまたやり直し。前に進まない」と毛利連副会長は嘆く。議員割り当て金がもらえると決まり書類を準備、入金をあてにして予算を組んでも「金が入って来ない」とか。多くの政治家のポケットにはいとも簡単に入るのに、医療には出し渋るというこの現状。金を巡る政府との交渉は、もはや根気比べか。

 ブラジルを知る会主催『東日本大震災復興支援バザー』が24日に開催された。今年の寄付先は『NPO法人キッズドア』。被災児童に対して心のケア事業など積極的な支援活動を行ってきた団体だ。渡辺由美子理事長はサイトで「子どもたちにとっては、『生きられるという』安心から、『自分の将来は?』という不安を抱える時期に移行しています」と活動への協力を求めている。個人寄付方法など詳しくは同サイトにて(kidsdoor-fukko.net)。

 開催回数400を優に超える「コロニアかるた会」。しかし実は取材に訪れたことがなく、時々編集部内でも「一体どんな会なのか…」との議論が持ち上がっていた。先日、イベント案内に本紙を訪れた橋浦行雄新代表に尋ねてみたところ、「最近若いブラジル人が増えてきて、上の句で取ってしまうので私らはかなわないよ」との返答が。参加人数10人程度と規模は小さいながら、しっかり非日系を取り込んで活動継続している様子。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2016年5月20日 大耳小耳  日本国土交通省は熊本地震に関し、九州の高速道路の無料化や割引を検討している。17日付け西日本新聞などが報じた。そういえば熊本へ物資を運んだ在日伯系団体「ABCジャパン」の橋本秀吉理事長も、弊紙の電話取材に「11年の東日本大震災と同じように、無料化を導入してほしい」と訴えていた […]
  • 大耳小耳2015年2月14日 大耳小耳  山形県人会の総会に出席した、サンパウロ州タウバテ在住の海藤司理事。海藤三味線教室の代表を務める同氏は、レシフェ領事事務所の依頼により、同地で外交120周年事業の邦楽公演を行なった。「レシフェはもう3度目で今回も盛況だった。海沿いの町は大体行ったよ」と、精力的に活動している […]
  • 大耳小耳2016年1月30日 大耳小耳  先日発行された『日本文化』は、その名の通り日本独自の精神性や文化、歴史を紹介する一冊。第一部の「国柄は非常の時に現れる」では、東日本大震災で活躍した人々の勇気を、「奉公」というキーワードで読み解く。原発事故が起こった時、被爆の危険を承知で現場に向かった技術者や消防局員。夢中で […]
  • 大耳小耳2014年7月5日 大耳小耳  日本都市計画学会で国際交流賞を受賞した中村矗さんはその後、出身地の兵庫県を訪れ、井戸敏三県知事に報告した。今年3月に刊行された服部圭郎氏著『ブラジルの環境都市を創った日本人―中村ひとし物語』を贈呈したところ、井戸知事からも刊行された自身の随筆集を贈られたそう。お互いにサイ […]
  • 大耳小耳2012年2月11日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2012年2月11日付け  長崎県人会が昨年6月に開催した『ちゃんぽん祭り』には会員74人が手伝いに参加、一昨年に再結成された婦人部が […]